プログラミング

プログラミングで作りたいものがないという人が考えるべき3つのこと

最低限のプログラミングスキルはあるけど作りたいものとかが特になくてここからどんなスキルを身につけていけばいいかわからない…

 

作りたいものがないとプログラミング始めちゃダメなの?

 

今回は上記のようなプログラミングで作りたいものがなくて困っている人に向けた記事です

スポンサードリンク

プログラミングで作りたいものがある人の方が少数派だから悲観する必要はありません

プログラミングで作りたいものがある人の方が少数派だから悲観する必要はありません

ぶっちゃけ「◯◯みたいなサービスを作りたくてプログラミングを始めました!」というような人なんて少数派です

 

多くの人は「就職・転職に有利だから」だとか「プログラミングスキルを身につけたら副業しやすそうだから」というような感じでしょう

中には「なんとなく流行っているから」という人だっているかと思います

 

なので作りたいものが特に無いという状況を悲観する必要は全くありませんし、作りたいものは特に無いけどプログラミングを始めるというのももちろんOKです

 

ちなみにぼくも「プログラミングスキル身につければ家から出ずにお金稼げるし、最悪スキルを潰しに就職したりもできるから身につけ得だな!」という不純な動機で始めました

プログラミングで作りたいものがない人が考えるべき3つのこと

市場価値の高い新たなスキル・言語を身につける

市場価値の高い新たなスキル・言語を身につける

もっと簡単にいうとどんなスキルを身につけたら今以上にお金を稼げるのかというのを考えてそのスキルを身につけましょうという話

 

例えば、プログラミングをこれから始めるという人は下の記事にもある通りスキル習得までの期間が短く比較的お金を稼ぎやすいWeb系の言語(HTML,CSS,jQueryなど)をやるだとか、ある程度スキルが身についていてさらにスキルアップしたいという人はエンジニア向けのエージェントサイトを見てPHPを身につければもっと稼げそうだからPHPをやってみる…みたいな感じです

 

ちなみにぼくは、HTML,CSS,Javascriptの最低限のスキルを身につけさらに稼ぐためにどうしたらいいかと考えた時にWordpressのカスタマイズをできるようになればいいのでは?と思い、今絶賛勉強中です

 

もちろん作りたいものがあると言うのをモチベーションに新しいスキルを身につけるというのは良いことだとは思います

しかし、作りたいものがないからといって手を止めるくらいなら「今以上に稼ぐため」と割り切って頑張る方がいいでしょう

 

スポンサードリンク

ポートフォリオを新たに作ってみる

ポートフォリオを新たに作ってみる

新しく作りたいものがないけど、何ヶ月も時間をかけて新しいスキルを身につけるようなモチベーションは湧かないなら今あるスキルを使って新たにポートフォリオを作ってみるというのもオススメです

 

テーマ(◯◯のようなアプリ、◯◯系の会社のサイトなど)を持ってポートフォリオを作る中で自分が理解しきれていなかった所ともう一度向き合う機会にもなります

 

また、自分が作ったものと類似するアプリやサイトと見比べてみた時に「こういうの実装できるようになりたい」みたいなものが出てきたりもするので、半年〜1年に一度くらいはポートフォリオを作ってみるのも悪く無いですよ

SNSで凄そうなエンジニアの人をフォローしたりエンジニアの勉強会・オフ会に行ってみる

SNSで凄そうなエンジニアの人をフォローしたりエンジニアのオフ会に行ってみる

SNSで凄そうな人をフォローしてその人の発信を追いかけて見たりエンジニアのオフ会などに参加したりすることで新たな刺激を受けられます

 

その中で「◯◯(言語)で〜〜みたいな感じのことをしている」だとか「◯◯(言語)をある程度できるようになれば週3日働くだけで良くなった」みたいな話をたくさん聞けるでしょう

その話を元に興味が湧いた言語や身につけたいスキルを頑張ってみるというのは非常にアリかと思います

 

まぁ、そういったものがなかったとしても自分と同レベル帯の人から自分よりはるかにレベルが上の人までいろんなエンジニアと交流ができるのでかなり作業モチベーションは上がりますから行って損はありません

スポンサードリンク

作りたいもの・やりたいことがなかったとしても手は動かし続けるべき

作りたいもの・やりたいことがなかったとしても手は動かし続けるべき

先述した通り作りたいものややりたいことがなかったとしてもなんらかの形で手を動かし続けるべきです

 

プログラミングを始めたいけど作りたいものは無いし、どの言語から始めたらいいかわからないという人は「作りたいもの」ではなく「稼げそうな言語」という視点から言語を選び、とにかく手を動かしましょう

 

エンジニア(コーダー)は手を動かさない限りなにも生み出せませんし稼げません

でも、なんでもいいので手を動かし続けさえすれば長期的に見ればなんらかの形で自分にプラスになって帰ってきてくれます