プログラミング

プログラミングの効率のいい勉強法と挫折を防ぐ3つのコツ

どうも、プログラミングスキルを身に付けてゆるゆる生きているニートの赤井です

プログラミングの勉強始めたいけどどういった教材から始めたらいいかわからない

プログラミングに興味があるけど、プログラミング学習って9割の人が挫折するっていうから始めたとしても続けられる自信がない

今回は上記のような人たちに向けた記事です

スポンサードリンク

【結論】プログラミング学習はとにかく挫折しづらい環境で学習を進めろ

9083f50156a8cb0cd29f31b6b3e6b168_s

プログラミング学習を始めるにあたってまず最初に気にすることはとにかく自分が挫折しづらい環境に身を置くということです

よく「プログラミング学習を始めたいんですが、おすすめの教材などがあったら教えてください」というようなことを聞いてくる人がいますが、ぶっちゃけプログラミングスクールやプログラミング学習の教材がこれだけ豊富にある今、そこまで質の低い教材というのはありません

そんな教材の質なんかよりもどういった環境の中でプログラミング学習を進めるかの方がよっぽど重要です

じゃあ、具体的に挫折しづらい環境ってなに?

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s

挫折しづらい環境とは具体的に何かというと

・多すぎず少なすぎない課題が設定される環境

・学習を始めたての躓いた時に誰かにアドバイスをもらえる環境

・明確なゴールが設定されている環境

です。これらがどういうことかは次の節から1つずつ解説していきます

よく上記以外に「挫折しないためには毎日10時間学習を進めて短期間で終わらせるべき!」という人や「毎日少しづつでもいいからコツコツコードを書くべき」などというようなことを言う人たちもいますが、ぶっちゃけこれは個人の性格や生活習慣、モチベーション維持力などに左右されるので「1日長時間で短期間」か「1日短時間で長期間」かは自分に合う方でいいかと

多すぎず少なすぎない課題が設定される環境をつくる

PAK145152451_TP_V

多くの人は学習を進めるうえでその日(その週)なにをどれくらいやるかという課題を設定して学習を進めるかと思うのですが、この課題設定を適切にやらないと挫折する可能性が一気に高まります

というのも、当たり前ですが課題が多すぎたり難易度が高すぎたりするとどんどんモチベーションが下がっていってそのうちだんだんプログラミング学習から遠ざかってしまいいつの間にかやらなくなってしまいます。これがいわゆる挫折ですね

逆に課題が少なすぎたり簡単すぎたりするとスキルを身に付けるまでに時間がかかり過ぎてモチベーションを保てなくなったり、達成感ややりがいを感じられず学習がつまらなくなっていってしまいます

学習を始めたての躓いた時に誰かにアドバイスをもらえる環境に身を置く

f68128c8bfe82cb87f6831ec75302ad1_s

エンジニアは何かわからないことが出てきたら本やネットなどで調べてというのが基本ですが、まだプログラミング学習を始めたてという時に分からない部分が出てきてもどうやって調べれば良いか(どういう風に検索すれば良いか)分からないかと思います

そういった状態では一度つまづいたら解決するまでに数時間、中には数日かかってしまうというようなパターンもあります

これでは学習効率が非常に悪い上、何度かつまづいたところで挫折してしまうでしょう

そうならないためにもプログラミング学習開始時〜自分で調べてわからない部分を解決できるようになるまではどうしても分からないところは誰かにアドバイスをもらえる環境に身を置くべきです

明確なゴールが設定されている環境で学習を進める

feb7db05389436ce186c36da9177225d_s

スクールやコミュニティを利用していれば心配することはないかと思いますが、明確なゴールを設定できないとどんどんプログラミング学習へのモチベーションが落ちてきてしまいますので注意しましょう

明確なゴールというのはどんなスキルをどれくらい身に付けてどんなものが作れるようになるかというものももちろんですが、「これを作れるようになって月◯万稼ぐ」というような目標の方がモチベーション維持する上で効果的かと思います

そこらへんのことは下の記事で詳しく解説していますので読んで見てください

くわしくはこちら

挫折せずにプログラミングスキルを身に付けるためにはプログラミングスクールを利用するかコミュニティに入るかのどちらかを選ぶべき

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

上記で説明したような挫折をしない環境の中でプログラミング学習を進めるというのはかなり重要なのですが、その環境をつくるのは難しいというのが現実

ですが、だからと言って学習効率を最大化できる環境で学習を進めないと下の記事の過去のぼくのようにスキル習得に無駄に長い時間や労力を掛ける羽目になります

なので、これからプログラミング学習を始めるという人はくれぐれも完全独学でプログラミングスキルを習得しようとするのだけはやめ、プログラミングスクールかオンラインのプログラミング学習コミュニティを利用するようにしましょう

じゃあ、プログラミングスクールと学習コミュニティはどっちが良いの?何が違うの?という話になると思いますがそれは下の記事で詳しく解説していますのでそちらをどうぞ

スポンサードリンク

プログラミングの効率のいい学習方法

先述した挫折しづらい環境が整っていることを前提として、どのようにすればプログラミング学習を効率よくできるかというプログラミング学習のロードマップを解説していきます

どういったものを作りたいか・どういう風に働きたいかというような要因を元に学習する言語を決める

cf1d3dc083ef62532bb66e963799be18_s

まずプログラミング初心者の方が最初に悩むのは「数多くあるプログラミング言語のどれから学習を始めれば良いのか」という事かと思います

これについてはいろいろな人がいろんなことを言っていたり、「プログラミング言語 おすすめ」みたいな感じですググるとそれっぽい記事が出て来たりしますが、ハッキリ言ってそんなものを参考にするよりも自分がどういうものを作りたいかというのを前提として言語を決めるべきです

もし、特に作りたいものはないけど稼げるスキルを身に付けたい・収入源を複数化するためにプログラミングを勉強したいというような人にはスキル習得の難易度が比較的低く、お金を稼げるレベルになるまでの時間や労力が少なくて済むWeb制作に必要な言語(HTML,CSS,jQuery,PHPなど)をおすすめします

挫折しづらい環境で言語の基礎を学ぶ→模写をする

d9d9b7e1ce0ef723981501025fe3cd87_s

どの言語を学習するかが決まったらその言語の基礎を勉強しましょう

基礎というのは具体的に何かを具体的に説明すると長くなりますし言語や人によってその線引きはまちまちですのでここでは明言しませんが、とりあえず既存のサイトやアプリ(ここら辺は自分の作りたいもの学んでいる言語に合わせてどうぞ)などを模写できるようになれれば良いのではないかと思います

まぁ、どんな教材を使って何をどれくらい勉強すれば良いかは利用しているスクールやコミュニティで明示してくれますのでそれをやれば良いかと思いますがとにかくある程度力がついたらサイトやアプリを5個くらいは模写をして適当にサイトやアプリを見たときに「この部分はこんな感じで作ってるのかな?」というイメージをしっかり持てるようになりましょう

仕事を受けるor就職してスキルを積み増やす

56fd2942ee1ed0fb2d6f756fc4b332f6_s

ここまできたらあとはポートフォリオ(自分はこんなものが作れますよという見本)を作り、営業をかけたりクラウドソーシングを利用したりしながら実績(実務経験)を積んでいくだけです

とはいえ、ポートフォリオなんてどうやって作れば良いの?仕事を受けたいけどどうやって仕事を取ってくれば良いか分からない…などという人は下の記事で詳しく解説していますのでこれを参考にしながら作って見てください

くわしくはこちら
くわしくはこちら

スポンサードリンク

プログラミング学習は環境がすべてと言っても過言ではない

fb2ac7ff87eba9e107972875c6debd8f_s

プログラミング学習は環境がすべてと言っても過言ではありません

先述した通り、プログラミング学習を始めたての頃~基本的なスキルが付くまでに挫折しづらい環境を用意できるか、最低限のスキルが身に付いた後にそこからさらにスキルを積み増やせる環境が用意できるかというようなことです

良い環境が用意できないとプログラミング学習を始めたもののすぐに挫折してしまったり、最低限のスキルを身に付けて少しお金を稼げるようになったもののそこから伸び悩み収益が伸ばせなかったり、そのうちスキルが陳腐化して稼げなくなったりというような悲しい結末をたどることになってしまいます

ちなみに、ぼくもプログラミング学習を始めたころは最適な環境づくりができませんでした(というかそういう発想自体がありませんでした)

その結果、下の記事にもある通り普通なら3か月やそれ以下で身につけられるレベルのスキルを身に付けるのに半年以上物時間がかかってしまいました

くわしくはこちら

その経験から今はお金を稼げるレベルのスキルを身につけてはいますがそこからさらにスキルアップするためにフリーランスを中心としたエンジニアが集まるネット上のコミュニティに身を置いています

繰り返しになりますが、これからプログラミング学習を始める人はとにかく良い環境の中で学習を進めるということだけは意識しながら学習を進めましょう

プログラミング学習は9割の人が挫折すると言われていますが、環境さえ整えれば誰でも挫折せずにスキルを身につけることが可能です