お金を稼ぐ

ニートに就職は無理じゃない!ニートが就職するための4つのコツ

 

やっぱり一度ニートになると就職するのは無理なのかな〜?

 

空白期間があるせいで就職活動うまくいかなくてニートをやめたいけどやめられない…

 

今回は上記のような人たちに向けた記事です

スポンサードリンク

ニートに就職は無理だというのは圧倒的な間違い

ニートに就職は無理だというのは圧倒的な間違い

そもそもニートに就職は無理というのは間違いです

 

皆さんもご存知の通り日本では今団塊世代が定年になったこともあり多くの業界が人手不足ですから仕事自体がないということはありえません

 

また少子化の影響で若い世代の価値が相対的に高まっていますからこれを読んでいるあなたが20代でしたら若さや将来性という明確なウリがあるのでニートという空白期間があっても仕事が見つからないなんてことはありえません

とはいえ、ニートが正社員になるハードルは普通の人に比べて高い

とはいえ、ニートが正社員になるハードルは普通の人に比べて高い

ニートが就職するのは無理なんてことはないという話を先ほどしましたが、現実問題としてニートじゃない人よりも就職するハードルが高いというのも事実

 

特に正社員になると学歴や職歴、空白期間の有無などといった要素をかなりしっかりみるところも多いです

 

何も考えず漫然と就職活動をしていても就職先が見つからない可能性が高いでしょう

 

ということで次からはそういった就職・転職市場で比較的不利なニートが就職するためのコツを解説していきます

スポンサードリンク

ニートが就職するための4つのコツ

お金を稼ぎやすいスキルを身につける

お金を稼ぎやすいスキルを身につける

ぼくは職歴もなく、最終学歴も高卒ですが就職活動をすればそこまで苦労せずに就職することができるでしょう

 

これは単なる過信ではなく、ぼくはプログラミングスキルを身につけてフリーランスとしてそこそこ稼げているという実績や稼ぐ上で必要なスキルがあるからです

 

つまりお金を稼げるスキルを身につければ就職のハードルは一気に下がります

特にIT業界(エンジニア職)なんかは学歴や経歴は全くと言っていいくらい見ずにどんなスキルがどれくらいあるか、これまでどんなものを作ってきたのかというようなスキル面を重視していますからその傾向が強いでしょう

 

下の記事で詳しく解説していますがお金を稼げるレベルのプログラミングスキルというのは3ヶ月〜半年で身につけられます

くわしくはこちら

 

ですから、スキルや資格が全くないという状態でうまくいかない就職活動を長々と続けるよりも、短期間集中してしっかりとしたスキルを身につけそのスキルをもとに就職活動をする方がスムーズに仕事が決まる上、良い待遇・環境で働けるでしょう

 

ニート(空白期間が多い人)向けの就活サイトや就職支援サービスを利用する

ニート(空白期間が多い人)向けの就活サイトや就職支援サービスを利用する

まずはニート(空白期間が多い人)の就職を多く成功させるためにはDYM就職や20代の転職相談所のような中小企業の求人の多い就活サイトを利用してみましょう

一般的な誰もが名前の聞いたことのある就活サイトは掲載料がかかったり、そのサイト経由で採用したらお金がかかったりと採用する企業側はかなりお金がかかります

なので企業はそれ相応の人材(学歴・職歴がしっかりしている等)しか採用したがらなかったり、資金力のある大企業しか掲載できないというところも多くニートが就職する上ではかなり不利になってしまいますから就活サイトを利用する場合はしっかり自分に合うものを選ぶようにしましょう

 

また、就活サイトとは別に地域の職業訓練校などの就職支援サービスを利用してみるというのも手です

3ヶ月〜1年程度(訓練校やコースによってかなり差があります)訓練校に通う必要はありますがほぼ確実に就職できますからニートの就職活動に向いていると言えるでしょう

スポンサードリンク

人手不足の業界に絞る

人手不足の業界に絞る

これはニートに限った話ではないのですが、就職活動の難易度はターゲットとする業界によって大きく変わります

 

人手不足の業界をターゲットにして就職活動をすれば比較的簡単に就職できるでしょう

 

具体的にいうと、IT業界(エンジニア職)、介護業界なんかは今かなり人手不足で仕事を見つけやすいかと思います

 

また、人手不足の業界の中には成長産業も多いですからスキルアップすれば稼ぎやすい業界でもあるので長期的に見ても人手不足の業界に就職するのはメリットが大きいかと思います

 

まずはバイトから初めてみる

まずはバイトから初めてみる

先述した通り、いきなり正社員というのはハードルが高いですからまずは正社員から初めてみるというのも一つの手です

 

特にニートの期間が長い人にとっていきなり正社員になって週5で1日8時間やそれ以上働くというのは心身へかなりストレスがかかり仕事が長続きしないという可能性も高いでしょう

 

なのでまずは週2週3くらいのバイトから初めてみて徐々に稼働時間や仕事量を増やしていき、バイトと並行してスキル習得の勉強や就職活動をして正社員として就職というやり方のほうがスムーズに就職できるという人も多いはずです

 

ギガバイトやバイトルのようなバイト専門の求人サイトなんかを使えば比較的簡単にバイト先を見つけられますし、稼働時間を短めにすることも可能ですから無理なく働けるのではないでしょうか

 

 

最悪就職しなくてもお金は稼げます

最悪就職しなくてもお金は稼げます

ここまでニートが就職する方法を解説してきましたが、お金を稼ぐことが目的なのであれば絶対に就職しなくてはいけないということはありません

 

下の記事にあるように、ぼく自身就職していませんがフリーランスとしてプログラミングやライティング(ブログ運営)、投資などをして稼いで普通に生きれていますからね

くわしくはこちら

 

なのでニートを辞めたい・自立したいという人で就職してみたけど長続きしなかったという人やバイトから初めてみたけどどうしても他人と働くのが無理という人は下の記事にあるような方法でお金を稼げるスキルを身につけてお金を稼ぎいきていくという方法も選択肢に入れておくべきです

くわしくはこちら

 

別に就職だけがニート脱出・自立の道ではありませんからね