お金を稼ぐ

お金を稼ぎたい引きこもりは今すぐエンジニアになるべき4つの理由

どうも、ニートをしつつゆるゆる稼いで生きている赤井です

今回は

お金を稼ぎたいけど、人に会うのも外に出るのもイヤ
とにかく引きこもってたい

引きこもりつつお金を稼ぎたいけど具体的に何すればいいかわからない

 

というような引きこもりつつお金を稼ぎたいという人に向けた記事です

スポンサードリンク

[結論]引きこもりつつお金を稼ぎたいならエンジニアになるのがオススメ

引きこもりつつお金を稼ぎたいならエンジニアになるのがオススメ

結論から言うと引きこもりつつお金を稼ぎたいのであればプログラミングスキルを身につけてエンジニアとしてお金を稼ぐと言うのがオススメです

 

ぼく自身ニートをしつつ日々かなり自由度の高い生活をしていますが毎日稼働時間は6時間程度で週二日以上好きなタイミングで休みを入れています

 

その上、下のツイートにもあるように働く気が起きない日は平気でサボってサッカーを見たりと言うような普通にサラリーマンをしていては絶対不可能な生き方をしています

こんなことができるのは完全にプログラミングスキルを身につけエンジニアとしてお金を稼げているおかげです

 

サイコーのお金の稼ぎ方ですよね?

でもこんなのは氷山の一角でこれ以外にもメリットはまだまだあるので、そんなのを交えながらお金を稼ぎたい引きこもりはエンジニアになるべき理由を解説していきたいと思います

プログラミングスキルを身につけてエンジニアなんてハードルが高いのでは?

メリットがたくさんあるとはいえプログラミングなんて頭のいい人やパソコンが得意な人がやるものであって自分にはハードルが高いのでは?

 

と思い込んでいる方がいるかもしれませんが、下の記事にもある通りパソコンのshiftキーとcommandキーも分からないぼくの知り合いでもプログラミングスキルを身につけてエンジニアとして転職に成功しているので大丈夫です

 

未経験からテックアカデミーを使ってエンジニアになった話[口コミ・評判]どうも、プロニートの赤井です 先日、知り合いエンジニアとお茶をしつつ話を聞く機会がありました 1年以上前に会った時に...

 

実際ぼくもパソコンが得意ではありませんし頭も良くありませんが未経験からプログラミングスキルを身につけて今日までお金を稼げていますしね

 

ニートが独学でプログラミングの勉強したらいきなり月5万稼げた...

 

と言うか、ぶっちゃけプログラミングスキルを身につけるのに頭の良さやパソコンが得意か否かなんかよりも使う教材や学習環境の方が重要ですから大丈夫です

 

ちなみにプログラミングスキルの効率の良い身に付け方は下の記事で解説していますので興味がある方は参考にして見てください

 

プログラミング学習の始め方と最速でスキルを身につける学習法 今回は上記のような人たちに向けた記事です 下の記事にもあるようにぼく自身、プログラミング経...

お金を稼ぎたい引きこもりは今すぐエンジニアになるべき4つの理由

お金を稼げるようになるまでのハードルが低く、スキルさえ身につけてしまえば安定してお金を稼げる

お金を稼げるようになるまでのハードルが低く、スキルさえ身につけてしまえば安定してお金を稼げる

プログラミングスキルさえしっかり身につければ安定してお金を稼ぐことができ、そのプログラミングスキルも正しい方法で学習を進めればたった3ヶ月程度でお金を稼げるようになれると言うようなお金を稼ぐハードルが低いと言うのはエンジニアの一つの特徴と言えるでしょう

 

なんらかのスキルを習得するにあたってお金を稼げるようになるレベルに3ヶ月でたどり着けるなんて他のスキル・業界ではまずありえないかと思います

 

また、お金を稼ぐ(仕事を得る)のもそこまで難易度が高くないのでお金を稼げるレベルのスキルを身につければすぐにある程度の額までは稼げるようになるでしょう

 

もちろん、下の記事にあるようにだからと言ってプログラミング=簡単と言う気はありません

 

プログラミングは簡単であるというのは大嘘である2つの理由 今回は上記のような「プログラミング=簡単」と勘違いしている人たちに向けた記事です スポンサードリン...

 

しかし、正しい努力をすれば短期間でその努力が報われる可能性が非常に高いので自分の時間や労力を投下する対象としてはかなり優良ですね

 

スポンサードリンク

最小限のコミュニケーションでお金を稼げる

最小限のコミュニケーションでお金を稼げる

引きこもりをしている多くの人は他人が苦手だとか人とのコミュニケーションが苦手という人が多いかと思いますがエンジニア業というのはそういった人にぴったりの業種です

 

というのも、エンジニア(特にフリーランスエンジニア)は最小限のコミュニケーションでコミュニケーションが苦手という人でも最小限のストレスでお金が稼げます

 

実際ぼくも人とのコミュニケーションが苦手なタイプ(無駄な会話を振られると露骨にイライラする、仕事関係の人とはビジネスライクでいたい)なのですが、大体Slack(TwitterとLINEの親戚のようなメッセージアプリ)やメールでのコミュニケーションのみで業務が回っています

 

サラリーマンエンジニアでも業務中にイヤホンをしてても大丈夫という会社も多いですからやはりコミュニケーションが苦手なタイプでも稼ぎやすいと言えるでしょう

将来性抜群(成長産業)である

将来性抜群

エンジニア業界は成長産業で将来性もあり、かつ人手不足という業界です

 

下のツイートにもある通りこの先も人手不足はさらに加速してくようなのでしっかりしたスキルを身につければこの先食いっぱぐれるということはまずないでしょう

 

フリーランスとして引きこもりながらお金を稼ぐとなりますから、これを読んでいる方の中にはフリーランスは収入が安定しない(稼げなくなる)のでは?という不安を抱いている方もいるかと思いますが、しっかりとスキルを身につけてさえいればその心配も不要でしょう

就職したくなった時に比較的簡単に就職できる

就職したくなった時に比較的簡単に就職できる

先ほど解説した通りエンジニア業界は人手不足ということもあり、スキルや実績があれば就職したくなった時に比較的簡単に就職できます

 

というと、「いや、引きこもりながら稼ぎたい自分には関係ないから!」と思われるかもしれませんが、将来的に就職したくなった時に就職できるのとできないのとでは人生の選択肢の幅が全然違います

 

別に一生引きこもりつつ稼ぐことにこだわる必要はありません

その時々で自分の幸福度を最大化できるお金の稼ぎ方を選択すべきです

 

というようにエンジニア業は人生の自由度を高め幸福度を最大化できる仕事でもあるんです

 

スポンサードリンク

引きこもりつつお金を稼ぐ方法はたくさんあるけどエンジニアになるのがベストです

引きこもりつつお金を稼ぐ方法はたくさんあるけどエンジニアになるのがベストです

下の記事にもある通り、引きこもりつつお金を稼ぐ方法と言うのはこのブログの中でも色々と解説してきましたし紹介していないものも無数にありますが、エンジニアとしてお金を稼ぐのがベストと言うのがぼくの結論です

 

引きこもりつつ稼ぎたい人におすすめの4つの仕事と具体的な稼ぎ方 今回は上記のような人に向けた記事です スポンサードリンク 引きこもりのまま稼ぐことは誰にでもできます ...

 

もちろんやりたい仕事や自分の好きなことをしてお金を稼ぎたい方もいるでしょうからそういった人にまでエンジニアという仕事を押し付ける気はありません

 

ただ、あなたがぼくと同じようにやりたいことがないだとか仕事はとりあえずお金を稼ぐための手段としてだけ考えているという人ならばエンジニアになることをお勧めします