お金を稼ぐ

エージェント会社を利用しないフリーランスエンジニアは損している3つの理由

エージェント会社を使ってるフリーランスエンジニアって多いけどあれって中間マージン引かれるから損!!俺は絶対使わない!!

というエージェント会社を毛嫌いしている方に向けた記事です

 

上記のような「エージェントを使うのは損」という人は意外と多いのですが圧倒的間違いで、むしろ使わないほうが損をします

 

この記事ではエージェント会社を使わないのがなぜそんなのか(エージェント会社を使うメリット)というのを解説していきたいと思います

【結論】エージェント会社を全く使わないというのは圧倒的な損である

エージェント会社を全く使わないというのは圧倒的な損である

結論から言うとエンジニアがエージェント会社を全く使わないというのは損でしかありません

 

その理由は次の3つ

・営業にかける時間やコストを節約できる

・自分の市場価値を把握できる

・効率よく収入(市場価値)を上げることができる

 

具体的にどういうことなのかひとつずつ詳しく解説していきたいと思います

エージェント会社を利用していないフリーランスエンジニアは損をしている3つの理由

営業にかけるコストの方が中間マージンよりもったいなくないですか?

営業にかけるコストの方が中間マージンよりもったいなくないですか?

これは土日だけしか稼働できないなどというような副業エンジニアの方は特にそうなんですが、稼働できる時間が短い上、営業などに時間を割かれてコードを書く時間が確保できないみたいな人は多いのが現実

 

そういった営業にかける時間やコストを最小限にする手段としてエージェント会社を利用するというのは非常に有効です

 

「中間マージン引かれるからエージェント会社を利用するのは損」という人はいますが、ぶっちゃけエージェント会社を利用せず営業などに時間を割かれて稼げないほうが圧倒的に損です

 

エンジニアはコードを書かないとお金を稼げませんからそれ以外の作業というのは上手く外注するというのが短時間で効率よく稼ぐために必要な考え方です

 

エージェント会社を利用すれば自分の市場価値がどれくらいか簡単に把握できる

エージェント会社を利用すれば自分の市場価値がどれくらいか簡単に把握できる

直営業や紹介などで仕事を獲得しているという人もエージェント会社は利用すべきです

 

というのも、エージェント会社に登録して紹介される案件を見れば自分の現在の市場価値はどれくらいなのかということや今の自分にどんなスキルが上澄みされればもっと稼げるようになるか(市場価値が挙げられるか)ということを知ることができるからです

 

下の記事で詳しく解説されていますが、フリーランスエンジニアの中には自分の市場価値を正しく認識していないため相場より安くスキルを買いたたかれている人がたくさんいます

くわしくはこちら

 

そうならないためにも常に自分のスキルの相場はいくらくらいなのかというのをしっかり把握して単価交渉や価格設定するためのツールとしてエージェントを利用するというのは非常に有効な方法です

複数のエージェント会社を上手く利用すれば収入を効率よく上げられる

複数のエージェント会社を上手く利用すれば収入を効率よく上げられる width=

フリーランスエンジニアが効率よく稼ぐためには「エージェントを競争させる」という考え方が重要になります

 

これはそういうことかというと、エンジニアを紹介してお金を稼いでいるエージェント会社からすると1人でも多く自社でエンジニアを紹介したいですから複数の企業を競争させることでよりよい待遇の案件を紹介してもらえるようになります

 

特に今はエンジニアが超需要過多になっているためどこの会社もエンジニアを必要としていますから上手く競争させればエージェント会社もエンジニアを必要としている会社からしっかりいい条件の案件を受けられるよう本気になってくれますから短期間で収入を倍増させるということも可能に

 

というようにエンジニアが収入を増やすためにはスキルや実績を積み増やすという方法ももちろんですがエージェント会社を上手く利用するという方法もありますので収入を上げたいというフリーランスエンジニアがエージェント会社を利用しないというのはありえないです

じゃあ、具体的にどこのエージェント会社を利用するのがいいの?

じゃあ、具体的にどこのエージェント会社を利用するのがいいの? width=

じゃあ具体的にどこのエージェント会社を利用すればいいのか?という話しになりますが、これはあなたがどんなスキルがあるか、働き方をしたいかなどによって変わってくるので一概には言えません

 

例えば常駐(サラリーマンのように出社して会社で働く働き方)とリモート(出社は最小限で好きな場所で働く働き方)どちらで働きたいかによって利用すべきエージェント会社は変わってきます

 

ちなみに常駐で働きたいならレバテッククリエイターを、リモートで働きたいなら をとりあえず利用してみるのがオススメです

 

まぁ、あとはフリーランスエンジニア向けエージェント業界の大手であるWorkship AGENTやMidworksはとりあえず登録しておいた方がいいでしょう

 

とりあえず今紹介したものやそれ以外のものを3~4社くらい登録するという感じで大丈夫です

ちなみに今回紹介しているエージェント会社はどれも登録無料ですので安心して登録しちゃってください

 

稼ぎたいフリーランスエンジニアはエージェント会社を利用しろ!

稼ぎたいフリーランスエンジニアはエージェント会社を利用しろ! width=

ここまでで説明した通りフリーランスエンジニアが効率よく稼ぎたいと考えた時にエージェント会社を使わないという手はありません

 

エージェント会社をどのように利用するかというスキルも稼ぐうえでは必要になってきます

 

先述した通り今のエンジニア業界は圧倒的な需要過多ですので上手く立ち回れば自分の市場価値を上げて効率よく稼ぐというのも比較的短期間で簡単にできてしまいます

 

ですので、今まで「エージェント会社を使うのなんて損!」とエージェント会社を使ってこなかったという方もこの機会にぜひ使ってみてください

 

 

・もっと稼ぎたいというフリーランスエンジニアはこちらの記事もどうぞ

くわしくはこちら

 

くわしくはこちら

 

くわしくはこちら