フリーランスエンジニア

【徹底解説】フリーランスエンジニアのメリットとデメリット【体験談】

どうも、プログラミングスキルを身に付けて毎日ゆるゆる生きてるニートの赤井です

もうサラリーマンなんかやってられない!俺もフリーランスエンジニアになりたい!!

フリーランスって自由でいいな~私もフリーランスエンジニアになりたいな~

 

というような人たちに向けた記事です

スポンサードリンク

 

【結論】フリーランスエンジニアはいいことばかりじゃない!!

まず結論から言いますと、フリーランスエンジニアという働き方はいいことばかりじゃないということです

 

確かにTwitterとか見てたらみんな自由気ままに楽しそうなことをしていますし、ぼく自身もフリーランスエンジニアとして毎日ゆるゆる好きな時間に稼働しつつ、その日の気分でサボったりもしています

 

そういったのをSNSなどで見ながら「なんか自由で楽しそう」だとか「毎日好きなことだけして羨ましい」とフリーランスエンジニアのいい面だけを見てフリーランスエンジニアになるのはとても危険

 

フリーランスエンジニアという働き方にもデメリットはしっかりありますからそういうのを知った上でフリーランスエンジニアにならないと後悔することになります

 

ということで今回はフリーランスエンジニアという働き方のメリットとデメリットの両方を具体的に解説していきますね

フリーランスエンジニアのメリット

働く場所や時間などとにかく自由

まぁ、これはもはや言うまでもないことかもしれませんがフリーランスエンジニアは非常に自由度が高いです

 

もちろんどういった案件を受けるかにもよりますが、基本的に納品の日にちさえ守れば働く時間帯や稼働時間は自由ですし、リモート(在宅)でできる案件のみを受ければ通勤する必要もなくなります

 

休日は混雑がすごいのでどこか出かけるのは基本的に平日にしたり

こんな感じの気まぐれでぼくが平日の昼間からダラダラサッカーを見るなんてことができるのは間違いなくフリーランスエンジニアの特権です

 

こういった時間的・場所的に自由な生活ができるというのはフリーランスエンジニアのメリットといえるでしょう

スポンサードリンク

スキルを身に付け市場価値を高めれば収入をガンガン伸ばせる

フリーランスエンジニアはサラリーマンに比べて収入を増やすことも容易です

 

というのも、サラリーマンはどれだけ結果を残してもそれがそのまま給料に反映されるということは少ないですが、フリーランスは利益を上げれば上げるだけ収入が上がります

 

もちろんサラリーマンでもある程度の実績を残せばいろいろな会社から誘われるようになり、その中から条件のいい会社に転職することで他の業界よりも比較的簡単に収入を増やすことができますが、フリーランスエンジニアには1年で年収〇倍に!みたいな人もゴロゴロいるのでやはりMAXの伸び力はフリーランスの方がすごいです

 

仕事や人間関係を選べる

ぼくがフリーランスエンジニアをしていて一番良いなと思っている点がこれです

 

人間だれしも苦手な人はいるかと思いますが、サラリーマンエンジニアをしているとそういった人が上司やクライアントだと一緒に働かざるを得ません

 

その点、フリーランスエンジニアはただ偉いだけの無能でうるさいパワハラ上司はいませんし、過度にクレームが多い相手や隙あらば値切ろうとしてくるクライアントとはもう関わらないという選択も可能です

 

また、飲み会なんかもありませんからそういうのが苦手な人からすれば無駄な時間やムダな人間関係を省ける上、そのリソースを他の自分の好きなことに割り振れるのでかなり幸福度の高い生活が送れますよ
スポンサードリンク

フリーランスエンジニアのデメリット

サラリーマンに比べ社会保障・福利厚生が弱い

フリーランスエンジニア最大の欠点がやはりこの社会保障や福利厚生が弱いという点かと思います

 

当たり前ですが、フリーランスだと多少のお金をもらいながら育休を取得するなんてことはできませんし、仕事がなくなったからと言って失業保険が受けられるなんてこともありません

もちろん退職金も出ません

 

サラリーマンならどれだけ無能な窓際社員でも上記のような福利厚生はありますからこれはフリーランスエンジニアとして働くデメリットと言わざるを得ないでしょう

 

これからフリーランスエンジニアになりたいという人は、そういった点を考慮しながらライフプランを立てていく必要があるという覚悟を持ってフリーランスになるべきですね

 

営業や税金の計算などの雑務をこなす必要がある

サラリーマンエンジニアの場合は基本的に仕様書などに沿ってコードを書くことに集中できますがフリーランスエンジニアはそういうわけにはいきません

 

まず、コードを書いてお金を稼ぐためにはどこかから仕事を獲得してくる必要がありますからそのための営業が必要ですし、その仕事もただコードを書くだけではなくどれくらいの単価で受けるかということを決め、書類作成などをして~というような作業も必要に

 

その上で年に1回確定申告の季節のために領収書を集め、確定申告の書類を作成し提出し…というような全般的な雑務をこなさなくてはなりません

 

その点サラリーマンはそういった雑務をこなしてくれる役割の人がいますし、税印関係も会社が勝手にやってくれます

 

というようにフリーランスエンジニアとして活動していくためにはお金を稼ぐスキル以外にも必要最小限の雑務をこなす知識も必要になります

 

スキルアップしにいかないとスキルアップできない

サラリーマンエンジニアをしていれば移動や昇進でそれまでとは違う仕事をしなければならないことがあります

 

というとネガティブに聞こえますが、それまでとは違う仕事をすることで違った視点や新しいスキルを身に付けることができます

 

そういったことがなくても、研修や勉強会などを会社のお金で受けさせてもらいスキルアップできるというチャンスなんかもたくさんあるでしょう

 

しかし、フリーランスエンジニアにはそういった受動的にスキルアップをするチャンスはありません

 

スキルアップのために勉強会やサロンに入るには身銭を切る必要がありますし、自分のスキルではできない案件を受けるわけにはいきませんが新しいスキルを身に付けてスキルアップしないとスキルが陳腐化し周りに取り残されるという非常に難しい立場に常に立たされます

 

なのでスキルアップをしたいなら間違いなくサラリーマンエンジニアをすべきですし、誰かに何か言われない限り新しいスキルを身につけようとしない(勉強しない)という人はフリーランスエンジニアには向いていないという可能性が高いということは覚えておきましょう

 

孤独

フリーランスエンジニアにはとにかく孤独です

 

特にリモートで働いているという人は週に1回外に出るかどうかという人も少なくないでしょう(ぼく自身そういう生活をしています)

 

そうなると他人と関わる機会がどんどん減っていき時々すさまじい孤独を感じることがあります

 

ちなみにぼくは人とはかかわりあいを持たず基本的には1人で過ごしたい派ですが、それでも数週間人と話す機会がないというような状態になると寂しさを感じます

 

なのでそういった人とほとんど出会わないという生活が耐えられないという人はフリーランスエンジニアにならないかなったとしても週何日かはどこかの会社で働くというスタイルを取った方がいいでしょう

 

また、フリーランスになる前にいくつか自分の趣味を楽しめるコミュニティに入っておくことをオススメします(ぼくは草野球をしているので辛うじて月数回は人と話す機会を得られています)

でないと本当に人と会ったり話をしたりする機会が無くなりますのでこの点は本当に注意しておくようにしましょう

 

働き方に貴賤はないから自分の幸福度を最大化できる働き方を選びましょう

最近ではサラリーマンを「社畜」なんて表現したり、フリーランスが自由で新しい素晴らしい働き方みたいな感じで紹介されていたりとなんとなくサラリーマン=古くて自由度の低い良くない働き方、フリーランス=新しくて自由度の高い良い働き方みたいな感じでとらえられつつありますが全くそんなことはありません

 

要はサラリーマンとフリーランスどちらが自分に合っているかが重要で、周りに流されて自分に合わない働き方を続けると生産性も幸福度も落ちます

 

もちろん、今サラリーマンをしていてただつらいだけの毎日をすごしているというような人がフリーランスになってみるというのは良いとは思いますが、今の環境に満足しているのに見栄や流行に流されてフリーランスになるのだけはやめましょう

 

サラリーマンもフリーランスもあくまで働き方の種類のひとつでしかありません

大事なのはストレスを最小化して生み出す価値(稼ぐ金額)を最大化させることですからその点だけは勘違いせずあくまで自分の幸福度を最大化できる働き方を選びましょう