お金を稼ぐ

フリーランスエンジニアの生き方・目指し方【1日5時間労働でOK】

フリーランスエンジニアってどうやってお金稼いでるの?ってかどんな日々を送ってるの?

フリーランスエンジニアになるにはどうしたらいいの?

というような疑問に答えていきたいと思います

スポンサードリンク

25歳フリーランスエンジニアのぼくの生き方・収入大公開

25歳フリーランスエンジニアのぼくの生き方・収入大公開

まずはフリーランスエンジニアがどれくらい稼げるのかという点ですが、2018年12月のぼくの収入は19万6720円でした(エンジニアとしての収入以外の種にゅうも含む)

 

というと、あれ?少なくね?と思うかもしれませんが、ぼくは必要最小限以上の労働がしたくないので週休2日以上は必ず休み、プログラミングも1日4~5時間程度しかしていませんので、時給換算だと1500~2000円程度(ぼくは稼働時間が少ないので20万弱しか稼げていませんが、稼働時間を増やしさえすればまだまだ稼げます)

 

ぼくは最終学歴高卒でエンジニア歴もまだ半年未満ですし、日本では40代でも時給2500円を超える労働者は47%程度と言われていますのでそう考えるとフリーランスエンジニアは結構稼げるというのがお分かりいただけるかと思います

 

【1日6時間労働】ハッキリ言ってフリーランスエンジニアは最高です

ハッキリ言ってフリーランスエンジニアは最高です

では、フリーランスエンジニアのぼくがどんな日常を過ごしているのかというと

9:00 起床・身支度・朝食

10:30 作業

13:30 休憩・昼食

14:30 作業(2~3時間程度を目安に飽きたら終了してサッカー観戦や昼寝)

19:00 夕食・入浴など

21:00 自由時間

25:00 就寝

こんな感じですが、朝9時起きというのはあくまで目標で普通に昼過ぎまで寝てしまうこともあります

また、先述した通り1日5時間程度しか稼働せず昼間からサッカーを見たりしながらかなりゆるい生活をしています

ということからもお分かりいただけるかと思いますがフリーランスエンジニアは最高でしかありません

こんな感じでゆるゆる過ごしてもしっかり稼げちゃいますからね

もちろん残業や休日出勤なんかもありませんし、通勤すらありません

ぼくはこの暮らしに慣れてしまったので、多少お金を積まれたとしてもサラリーマンなんかになる気はしませんね

スポンサードリンク

フリーランスエンジニアの目指し方

フリーランスエンジニアとして稼ぐための最低限のスキルを身に付ける

フリーランスエンジニアとして稼ぐための最低限のスキルを身に付ける

フリーランスエンジニアを目指すにはまず稼ぐための最低限のスキルを身に付ける必要があります

下の記事で詳しく解説していますが、幸運なことに最低限のプログラミングスキルというのはスクールを利用したりして効率よく学習を進めれば3ヶ月~半年で身に付けることができます(ぼくは独学でかなり非効率に学習を進めてしまいましたが、それでも半年で習得できました)

 

ニートが独学でプログラミングの勉強したらいきなり月5万稼げた...

とはいえ、この記事を読んでいる方の中には「プログラミングなんて頭のいい人やパソコンが得意な人がやるもの」と思い込んでいる方がいるかもしれませんが、下の記事にもある通りパソコンのshiftキーとcommandキーも分からないぼくの知り合いでもプログラミングスキルを身につけてそのスキルを基に転職に成功しているので大丈夫です

正しい方法で取り組めばプログラミングは誰にでもできます

 

未経験からテックアカデミーを使ってエンジニアになった話[口コミ・評判]どうも、プロニートの赤井です 先日、知り合いエンジニアとお茶をしつつ話を聞く機会がありました 1年以上前に会った時に...

 

ぶっちゃけ最低限のプログラミングスキルさえ身につけちゃえばお金を稼ぐのはそこまで難しくないのでとにかく効率よく学習を進めてできるだけ早くスキルを身につけましょう

スポンサードリンク

ポートフォリオを作ってエージェント会社に登録したり制作会社に営業をかけたりして仕事を得る

ポートフォリオを作ってエージェント会社に登録したり制作会社に営業をかけたりして仕事を得る

フリーランスエンジニアとして活動していくならスキルだけ身に付けて終わりというわけにはいきません

 

スキルを身につけたらポートフォリオ(自分はこんなものが作れますというのをアピールするための見本)を作って仕事を得るための活動をしなければいけません

 

ポートフォリオの作り方がわからないという方は下の記事で詳しく解説していますので参考にして見てください

 

プログラミング案件の獲得に有効なポートフォリオを作る3つのコツ 今回の記事は上記のような人たちに向けた記事です スポンサードリンク 案件獲得する上でポートフォリオは...

 

では、仕事を得るためには具体的にどんなことをすればいいのかというと

・エージェント会社に登録して仕事を斡旋してもらう

・制作会社などに営業をかけて仕事を受ける

 

という2パターンがあります(これ以外にも知り合いから紹介してもらうという方法もありますがコネがないと不可能なので今回は割愛します)

 

まず、エージェント会社に登録して仕事を斡旋してもらうというというのは、下の記事の中で詳しく解説していますがMidworksやレバテッククリエイターなどのエージェント会社に登録しておくことでエージェント会社が自分に合った仕事を探して、見つけ次第メールをくれるのでその中で良さげな仕事を受けるというものです

 

エージェント会社を利用しないフリーランスエンジニアは損している3つの理由 というエージェント会社を毛嫌いしている方に向けた記事です   上記のような「エージェントを使うのは損」という人は意外と多いのですが...

 

次に、制作会社へ営業をかけて仕事を得るというのは、制作会社などのエンジニアを必要としてるであろう会社に営業メールを送り興味を持ってくれた会社と面談などをしたのちに仕事を受けるというものです

 

一見難しそうに感じるかもしれませんが、エンジニアの絶対数が少ない地方などでは興味を持ってくれる会社も多いですのでやってみる価値は十分にあるかと思います

 

というようにどちらの方法も仕事を得るのにそれほど手間もかかりませんし難易度もそれほど高くありません

駆け出しでもポートフォリオさえしっかり用意していれば比較的簡単に仕事を得ることはできるでしょう

 

フリーランスエンジニアという生き方はあなたの想像以上に自由で比較的簡単に目指せます

フリーランスエンジニアという生き方はあなたの想像以上に自由で比較的簡単に目指せます

ここまで読んでいただいた方にはお分かりかと思いますが、フリーランスエンジニアになればぼくの様に1日5時間労働(内プログラミングをするのは3~4時間)で生きていけて、通勤もなく休みも好きなタイミングで好きなだけ休めるというみなさんの想像以上に自由度の高い生活が可能になります

 

また、上記のような生活をするために必要なスキルはかなり短期間で身につけられて、そのスキルを元にお金を稼ぐというハードルもかなり低いです

 

ですから、フリーランスという働き方に興味があるという人はとりあえず一度フリーランスになってみるというのをオススメします

 

もちろんフリーランス的な働き方・生き方が合わないという方もいるかと思いますが、下の記事にもある通りエンジニアとしてのスキルを身につけていてある程度実績を積んでいれば転職してサラリーマンエンジニアとして働くという道もあります

 

エンジニア専用転職サイトレバテックキャリアで転職したら160万円年収が上がった話 どうも、今日もニートをしつつゆるゆる稼いでいる赤井です 先日、ぼくの知り合いのエンジニアの島内さんが転職したという...

 

もし、フリーランスが合わなかったりフリーランスとしてはうまく稼げなかったとしてもちゃんとしたスキルさえ身につけていれば食いっぱぐれるということはあり得ませんからご心配なく