フリーランス

[体験談]フリーランスエンジニアとして成功するための4つのコツ

フリーランスエンジニアになったけどやっていけるかどうか不安

 

フリーランスエンジニアになるのは簡単だけど、フリーランスエンジニアとして成功して幸せになるにはどうしたらいいの?

 

今回は上記のような人たちに向けた記事です

スポンサードリンク

[結論]フリーランスエンジニアとして成功するのは意外と難しい

フリーランスエンジニアとして成功するのは意外と難しい

フリーランスエンジニアとして成功するのははっきり言って結構難しいです

 

というのも、何処かの会社に勤めてコードを書くのならどれだけスキルを身につけているかやわからない部分に遭遇した時にどこでどう調べるかというようなエンジニアとしてのスキルさえ身につけていればいいのですがフリーランスになるとそれだけでは不十分だからです

そもそも、フリーランスエンジニアとしての成功とはなんなのか?

フリーランスエンジニアとしての成功とはなんなのか?

そもそも、フリーランスエンジニアとしての成功とは何なのか

ただたくさん案件を受けてお金を稼ぐことでしょうか?

 

ぼくは違うと思っています

たとえ同年代のサラリーマンよりお金を稼げたとしても、労働基準法のないフリーランスであることをいいことに毎日毎日寝る時間や趣味の時間を削ってコードを書き続けて稼ぐことに意味はありませんからね

 

かと言って全然案件を受けられず稼げないというのももちろん成功とは言えませんね

 

というようにフリーランスエンジニアが成功するためにはただただコードを書くエンジニアとしてのスキル以外にもたくさんのスキルや意識すべきことがあります

 

今回は「いかに生産性を高めつつ快適に稼働するか」という観点からコツを紹介してきましす

 

ちなみにフリーランスとして成功するためにはこれ以外にも「いかに上手に案件を獲得するか」という要は営業スキルも必要になってくるのですがこの営業スキルにつきましては下の記事で解説していますのでこちらを参考にしてみてください

くわしくはこちら
くわしくはこちら

スポンサードリンク

フリーランスエンジニアとして成功するための4つのコツ

自分にはどれくらいの能力をしっかり把握する

自分にはどれくらいの能力をしっかり把握する

まず、フリーランスエンジニアとして成功するためには自分の能力を正しく認識する必要があります

 

具体的にいうと

・自分には何ができて何ができないのか

・自分にできる作業は具体的にどのくらいの量をどのくらいの時間でできるのか

というようなことですね

 

これができないと工数の見積もりが甘くなって結果的に超低単価で仕事を受けてしまったり、場合によっては納期に間に合わずクライアントさんの信頼を失ってしまったりということに繋がります

常に新しいスキルを積み増やすことを意識する

常に新しいスキルを積み増やすことを意識する

フリーランスエンジニアは意識的に今の自分にないスキルを身につける必要性があります

 

というのも、エンジニア業界は常に新しい技術や言語が生まれていて、今あなたが身につけていてお金を稼げるスキルもそのうち陳腐化してそれだけでは稼げなくなる可能性も十分にあります(というかかなりの高確率でそうなります)

 

制作会社などで働くのであれば周りから言われたり業務をこなす上で必要に迫られて身につけざるを得ないのでしょうがフリーランスは自分で意識的に身につけていこうとしないと身につけるチャンスは基本的にありません

 

フリーランスとしてずっと安定して稼ぎたいのであれば常に新しい技術や言語を最前線で追い続けるというのは難しかったとしても、今の自分にないスキルやSNSなどで話題になっているものなどは少しずつでも追うようにしましょう

スポンサードリンク

スキルの安売りをしない

スキルの安売りをしない

フリーランスエンジニア(特に駆け出しの人)なら全員に共通することかと思いますが、「案件を受けれなくなったら…」という不安が大なり小なりあるかと思います

 

そうなると多少単価が安くてもスキルを安売りして案件を受けたくなります

これはあなただけではありません、誰でもそうです

 

ですが、このスキルの安売りは絶対にやめましょう

というのもスキルを安売りして案件を得たところで絶対に幸せになれません

 

先述した通り睡眠時間を削って、趣味の時間を削ってコードを書いてお金を稼いでも幸せにはなれません

スキルを安売りして案件を受け稼ごうとするとこういった絶対に幸せになれない働き方を余儀無くされてしまう可能性があります

 

もちろん駆け出しの頃は案件を受けるのにも苦労しますし、いきなりめちゃくちゃ稼げるという可能性は低いでしょう

ですが、スキルの安売りはせずに自分の能力をしっかり評価してくれる人とともにコツコツ実績と信頼を積み上げつつ稼ぐようにすべきです

 

体調やモチベーションの維持をしっかりする

体調やモチベーションの維持をしっかりする

世間ではあまり言われていませんが、個人的にフリーランスエンジニアとして成功するために一番重要なのは体調やモチベーションの管理だと思っています

 

体調については言わずもがなですが、モチベーションが下がると生産性が落ちるだけでなくどんどん稼働したくなくなります

フリーランスは「稼働しない」という選択肢もありますからモチベーションが下がるとよほど自己コントロール能力の高い人でない限りズルズルサボりだします(体験談)

 

対策としては程よくお金を落とせ気分転換もできる趣味みたいなものを見つけておけというくらいしかできませんが何はともあれ自分のモチベーションを高める方法は早めに見つけておくべきでしょう

フリーランスエンジニアが向かないならサラリーマンエンジニアとして働くというのも1つの手

フリーランスエンジニアが向かないならサラリーマンエンジニアとして働くというのも1つの手

先述した通りフリーランスエンジニアとして成功するにはエンジニアとしてのスキル以外のスキルがたくさん必要になります

フリーランスエンジニアは正直誰でもなれますが、フリーランスになればみんな幸せになれるかというとそんなことはないでしょう

 

フリーランスという働き方が合わないという人もたくさにるかと思います

 

もちろんフリーランスという働き方に興味がある人は自分はフリーランスとサラリーマンどちらの働き方が向いているのかを知るという意味でも一度フリーランスになってみるのがいいでしょう

 

しかし、フリーランスとしてある程度働いてみて「この働き方は自分には向いていないな」だとか「この働き方は幸せになれないな」という人は無理せずにサラリーマンとして働くべきです

 

幸運なことに最低限のプログラミングスキルさえ身につけていれば普通の就活サイトに加えエンジニア専用の就活サイトも利用でき就職の難易度はそこまで高くありません
(ちなみに僕の知り合いはエンジニア専用の就活サイトテックスターズを使って4日で新しい仕事が決まりました

 

最近はフリーランスという働き方は新しく良い働き方でサラリーマンは古くよくない働き方というような風潮がありますが、そもそも働き方に貴賎なんてありません

自分に合った働き方をしましょう

 

仕事なんてあくまでも自分の幸福度を最大化するための手段やお金を稼ぐための手段でしかありませんからね