お金を稼ぐ

[エンジニアの働き方]フリーランス と正社員のメリットデメリット

SNSとかでキラキラしたフリーランスのツイートが目に入ってきて憧れがあるけど、正社員やめて大丈夫なのか不安

フリーランスという働き方にも大変なことだとかデメリットがあるなら知りたい

 

今回は上記のような人たちに向けた記事です

スポンサードリンク

 

[結論]フリーランスにも正社員にもメリットデメリットがある

最近、フリーランスという働き方が流行っているということもありフリーランス=新しい・良い働き方、サラリーマン=古い・悪い働き方というような風潮がありますがこれは間違いです

 

フリーランスにも悪い点(デメリット)はありますし、正社員にもいい点(メリット)があります

 

今回はそんなフリーランスと正社員のメリット・デメリットを解説していきたいと思います

フリーランスのメリット・デメリット

メリット①:働き方の自由度が高い

働き方の自由度が高い

働き方の自由度が高いというのはフリーランス最大のメリットと言っていいでしょう

 

特にフリーランスエンジニア はリモートで働く難易度も比較的低いので時間にも場所にも縛られず生きていけます

 

朝早く起きる必要も無くなりますし、毎日通勤する必要も無くなりますし、好きな時に休んで好きな時に働けるので自分の幸福度を最大化しやすい働き方と言えるでしょう

 

実際に僕も家から出ずに稼働でき、働きたくないときは平日昼間からサッカーを見て過ごしてみたりとかなり自由度の高い生活をしています

スポンサードリンク

メリット②:上司や同僚と接することで生まれる心身の消耗がない

上司や同僚と接することで生まれる心身の消耗がない

人間誰しも苦手な人というのはいるかと思います

しかし、会社というコミュニティーに入りお金をもらっている(稼いでいる)状況では苦手な上司、同僚、取引先の人間がいるからといってその人と働かざるを得ない状況というのはザラにあるでしょう

 

これは心身ともにかなり消耗するかと思います

しかし、こういった消耗はフリーランスにはありません

 

自分と合わない人や明らかに横柄な人とはともに働かない・関係を切るという選択が容易にできますからね

 

そういう点でフリーランスは最小限のストレスで働けると言えるでしょう

デメリット①:エンジニアとしてのスキルだけだと稼ぐのが難しい

エンジニアとしてのスキルだけだと稼ぐのが難しい

下の記事で詳しく解説していますが、フリーランスエンジニア が稼ぐには営業スキルや単価交渉スキル、モチベーションを保つスキルなどというようなエンジニアとしてのスキル以外のスキルが色々と必要になります

 

さらに確定申告や領収書の発行などというような雑務も自分でこなさなくてはいけなくなりますので、正社員に比べコード書きに集中しづらくなるでしょう

 

もちろん、上記のような雑務もこなしつつ稼働できるという人もいますが、そう言ったことが苦手な人はフリーランスになったことで一気に生産性が悪くなるという人もいますからそういった人は無理にフリーランスをすべきではないですね

デメリット②:安定してお金が入ってくる保証はない

安定してお金が入ってくる保証はない

これはサラリーマンは安定していてフリーランスは不安定という話ではありません

 

ただ、フリーランスに毎月月末に◯◯万円必ず振り込まれるというような安定はなく、収入が月によって上下することはザラ(というか基本上下する)ということです

 

また、時には自分がやった仕事の報酬をしっかり回収しないといけないという場合もありますしね

 

正社員にそんな心配はありません

毎月決まった日にある程度決まった金額が振り込まれることでしょう

 

なので収入面の安定性からくる精神の安定は正社員をやっていた方が得やすいです

 

正社員のメリット・デメリット

メリット①:毎月確実に収入を得られる

毎月確実に収入を得られる

正社員という働き方の最大のメリットはこの毎月確実にある程度の額のお金が振り込まれるということでしょう

 

先述しましたが、安定した収入からくる精神面の安定を得やすいのは圧倒的に正社員という働き方です

 

正社員は基本的に仕事で失敗して損失を出したとしても収入が途絶えることはありませんがフリーランスは普通に無収入になっちゃいますからね(可能性は低いですが…)

 

収入が毎月上下するのがストレスで耐えられないという人は確実に正社員として働いた方がいいでしょう

スポンサードリンク

メリット②:スキルアップしやすい

スキルアップしやすい

フリーランスの場合は自分にスキルアップを促してくれる人なんか基本的にいませんし、自分のできる案件しか受けませんから意図的にスキルアップしようとしない限りスキルアップできません

 

その点正社員は自分がやったことのない仕事を振られ働く中でスキルアップが必要になったり、周りの人からスキルアップを促されたりと普通に働いていれば常にスキルアップを余儀なくされることでしょう

 

エンジニア業界は常に新しい技術が生まれ、それまでのものはどんどん陳腐化しますから長期的に稼ごうと思った時、常に何らかの新しいスキルを身につけるということが必要です

 

ですから定期的にスキルアップを必要とされる環境に身を置くというのはかなりメリットといえるでしょう

デメリット①:生活スタイルの自由はあまりない

生活スタイルの自由はあまりない

正社員に生活スタイルの自由はほぼありません

 

当たり前ですが毎日決まった時間に起きて決まった時間までに出社しないといけませんからね

 

もちろん何らかのやりたいことをやるために有給を取るという選択肢もありますが、日数に限りがありますし、取れるかどうかもわからない、いきなり今日明日有給というわけには行かないというように色々と制限があるでしょう

 

フリーランスなら起きる時間も働く時間も自由、今日休むのも明日休むのも誰かに邪魔されるなんてことはありませんから、そういった働き方と比べると自由度はかなり低いといえるでしょう

デメリット②:収入が上がりづらい

収入が上がりづらい

収入に安定性のある正社員ですが、その収入は上がりづらいです

 

正社員という働き方をしつつ収入を上げたいのであればぶっちゃけ今の時代は今いる会社で仕事を頑張ってそれを評価されるよりも自分のスキルをアピールして転職する方が効果的です

 

一方でフリーランスは稼げば稼ぐだけ収入は上がります(当たり前ですが…)

 

もちろん正社員をしてると全然稼げないなんてことはないですが、何らかの理由で大きく稼ぎたいという人はフリーランスになった方がいいでしょう

フリーランス・正社員どちらが自分に向いているかを知った上で働き方を選ぼう

ここまで解説してきた通りフリーランスになるのもサラリーマンになるのも同じくらいメリット・デメリットがありますから一概にどちらがいい働き方というようなことは言えません

 

また、フリーランスも正社員も実際にやってみないと自分に向いているかどうかなんてわかりませんから、今はサラリーマンだけどフリーランスという働き方に興味があるなら一度なってみるべきだと思います

 

ただ、実際にフリーランスになってみて明らかに向いていないだとか生産性や幸福度が落ちたと感じるのであればできるだけ早く正社員に戻るべきでしょう

 

幸運なことにエンジニア業界はどこも人手不足ですから就職する難易度はそれほど高くありませんし、サイトテックスターズのようなエンジニア専門の就職・転職サイトもありこう言ったものを使えば仕事を見つけるのもそこまで難しくないでしょう

冒頭でも言いましたが、最近はフリーランスという働き方が流行っていてフリーランス=良い働き方みたいな風潮もありますが働き方に貴賎なんてありません

 

自分の働きやすい働き方をしっかり認識し働く方が確実にストレスも少なく働けて、幸福度も高くなりますからフリーランス・正社員という枠組みではなく「その時の自分にあった働き方(環境)」で働き方を選ぶべきですね