プログラミング

エンジニア専用転職サイトレバテックキャリアで転職したら160万円年収が上がった話

 

どうも、今日もニートをしつつゆるゆる稼いでいる赤井です

 

先日、ぼくの知り合いのエンジニアの島内さんが転職したというので話を聞いてみたら…

島内さん

転職したら年収160万も上がって、その上土日祝日が完全に休み
前職は土曜の休みが隔週だったからただただサイコー!!

赤井れん

えっ、160万も年収上がったの!?

 

どんな方法を使ったのかと思い詳しく話を聞いてみましたが

島内さん

いや、別にただ普通にレバテックキャリアっていうエンジニア専用の転職サイト使って転職しただけ…

島内さん

履歴書とポートフォリオ(自分のスキルをアピールする見本)送って面談してすぐ仕事紹介されてその中から良さげな仕事を選んで面接行って内定出て〜みたいな感じ…
登録して面接してから4日で新しい仕事決まって年収160万上がった!!

 

というようにエンジニア専用転職サイトを使って転職をしただけで特に何もしていないというかなり普通な回答

 

しかし話を聞いているとどうやらこのレバテックキャリアっていうエンジニア専用の転職サイトがすごいようで、日々自由なニート生活を謳歌しているぼくも正直

赤井れん

転職するだけで160万も収入上がるならニートやめて転職しようかな…

と思うほどでした

 

ということで今回はぼくの知り合いが転職時に利用して年収が一気に160万も上がったという超すごい転職サイトレバテックキャリアについてその特徴や評判、メリット・デメリットなどを利用者に詳しく聞いてきましたのでガッツリ解説していきたいと思います

同じスキル・経歴でも転職サイトによって提示される仕事や年収は大きく変わる

ってか

 

 

というように転職サイトによって紹介される会社の待遇が全然違うとか

 

 

 

レバテックキャリアの4つの特徴

転職希望者への対応・ヒアリングがとにかく丁寧

(島内)レバテックキャリアはとにかくヒアリングが丁寧で面談の時はもちろん

エンジニア特化型転職サイトだからエージェントの業界知識が豊富

島内さん

レバテックキャリア以外の転職サイトも使ったけど、他IT業界の知識や転職希望者を良い会社に転職させるノウハウがの転職サイトと比べ物にならないくらいしっかりしてた

 

というように、

これもやはりエンジニア特化型の転職サイトの強みと言えるでしょう

大企業から中小企業まで求人が豊富

島内さん

レバテックキャリアはエンジニア専門ってこともあってか大企業から中小企業まで求人が豊富だった

多くの人が大企業に行きたがるし、転職サイト的にも大企業に転職させた方が実績になるけどレバテックキャリアはちゃんと「その企業の良いところ・悪いところ」を教えてくれたりとにかく親切だった

 

というように大企業から中小企業まで求人が豊富というのが強みのようです

やはりこれもエンジニア専門の転職サイトだから可能なのでしょう

 

また、後で詳しく解説しますが応募前にその会社のことを詳しく教えてくれて「とにかく内定率を高くする」だとか「大企業への転職社者を増やす」というよりも「とにかく転職者にマッチした会社を紹介する」という方針も見えるいい転職サイトです

無料の勉強会や退職手続きのフォローまでサポートが充実

下の画像にもある通り、レバテックキャリアには登録者限定の無料勉強会があったり退職手続きをフォローしてくれたりとサポートが充実しています

島内さん

転職自体始めただったし、円満退社は無理だろうなと思ってたけどレバテックキャリアのサポートのおかげですごくいい形で転職できた

 

ここまでサービスが充実してて無料ですからレバテックキャリアを使わない手はないでしょう

レバテックキャリアのメリットデメリット

メリット①:登録・面接から仕事が決まるまでのスピード感がすごい

島内さん

レバテックキャリアに登録して面談をしたら、その面談の場でいきなり自分に合いそうな会社をいくつも紹介してくれて、その中にいい感じの会社があったからそう伝えたら2日後に面接を取り付けてくれて、面接の2日後に内定が出てというスピード感がすごかった

島内さん

基本的にメッセージアプリで担当の人とやりとりするんだけど、面談後も自分に合いそうな会社を何社も紹介してくれたし、面接のことで質問とかしてもレスポンスが早くてすごく助かった

 

というようにかなりのスピード感で動いてくれるようです

先述した通り登録後のレバテックキャリアとの面談の前から自分のスキルレベルや経験、転職先に求めるものなどなど聞かれるようで、それを基に面談の時点で何社か紹介してくれるとか

 

とはいえ、島内さんの場合は面談時に紹介された仕事がたまたま自分の希望にかなりあっていたというだけで、面談の場でいきなり転職さきを決めなくてはいけないなんてことはもちろんありません

 

基本的には、担当の人が良い会社を見つけたら逐一知らせてくれるのでその中からいくつかの候補を決め何社か面接を受けるという形ですので転職を焦る必要はありません

 

あくまで自分のペースで納得のいく転職をしましょう

 

メリット②:応募前に会社の内情まで詳しく教えてくれる

島内さん

レバテックキャリアと他の転職サイトの一番違いは応募する会社の雰囲気やスキル感なんかをかなり細かいところまで教えてくれるところ

島内さん

他の会社でも多少教えてくれたりするところもあったけどレバテックキャリアとは全然レベルが違って、本当に自分にマッチする会社を紹介しようとしてくれているんだなという感じが伝わってきた

 

というように、レバテックキャリアの大きな強みのひとつが紹介する会社の内情を応募前にかなり詳しく教えてくれるというところだそうです

 

会社の内情というのは具体的にどういうものかというと、下の画像のような、会社の雰囲気やマネジメントの仕方、スキル感、残業の度合いなどなどかなりの情報を与えてくれます

 

会社の内情がわかれば転職後に「会社の雰囲気が自分に合わない」だとか「想像となんか全然違う…」というようなミスマッチを防げます

 

こんな事ができるのは完全にエンジニア専門の転職サイトならではの強みと言えるでしょう

 

というようにレバテックキャリアはただ内定率が高いだけでなく、こうやってしっかりと自分にマッチした会社を選べる本当の意味で転職を成功させやすい転職サイトという事ですね

 

デメリット:未経験の転職はあんまり得意じゃない

レバテックキャリアは完全にさらに収入を上げたい・スキルアップしたいというある程度の経験のあるエンジニアを対象とした転職サイトであまり未経験の転職は得意としていないようです

 

というか未経験だとほぼ仕事を紹介してもらえないとか

 

まぁ、転職サイトにも得意不得意がありますからこればっかりはしょうがないです

未経験の転職に強いリクルートエージェントなどの転職サイトを使いましょう

[悲報]エンジニアが一番効果的に収入を上げる方法は転職することです[これが現実]

悲しい話ですが、現状エンジニアが収入を上げる一番効果的で公立のよう方法は「転職すること」のようです

 

それが正しい・間違っている良いと思う悪いと思うは別として、エンジニアをしているうちは世の中の流れがそうである以上受け入れるしかありません

 

全てのエンジニアがもっと自分の仕事が評価されたい(もっと稼ぎたい)という思いを抱きながら働いき、日々スキルアップのため努力している事でしょう

ですが、収入という形で自分の評価を上げるには自ら行動を起こさないといけないそういう業界です

 

ですから、あなたがもし「自分の収入は低すぎるだろ!」だとか「自分は全然評価されていない」と思っているのなら

 

もちろん、登録したからといって絶対に転職しないといけないというわけではありません

 

転職サイトに登録して自分の市場価値を知っておくだけでも大丈夫ですし、近い将来転職するときのための情報収集をしておくというのもアリです

 

登録・利用は無料ですので興味があるならこの機会に登録しちゃいましょう