お金を稼ぐ

市場価値の低いフリーランスエンジニアがやりがちな3つのこと

フリーランスエンジニアをもう3年もやってるけどなかなか収入が上がらない…

 

というような人へ向けた記事です

 

もっと具体的に言うと「市場価値の低いフリーランスエンジニアがやりがちなこと」を解説していきます

 

今めちゃくちゃ需要が高くて稼ぎやすいのがエンジニア業界でして、エンジニア歴3ヶ月のぼくもありがたいことにメキメキ市場価値が上がっています

稼げていないというあなたは今回紹介するパターンのどれか(もしくは全て)に確実に当てはまってることと思います

スポンサードリンク

市場価値の低いフリーランスエンジニアがやりがちなこと①:収入を増やすために次から次へと新しいスキルを身につけようとする

収入が上がらないエンジニアの多くは収入が上がらない理由を「自分のスキル不足」とし、次々と新しいスキルを身につけようとしがちです

 

もちろん新しいスキルを身に付けるというのは素晴らしいことではありますが、中途半端なスキルをいくつも身に付けるよりも1つのスキル(言語)でしっかりと実績を作り、得意分野を持つということを先に意識した方がいいでしょう

使う人の目線に立ったらやっぱり1つ何かしら強みのある人を使いたくなりますよね

スポンサードリンク

市場価値の低いフリーランスエンジニアがやりがちなこと②:エージェント会社をほとんど利用していない

下の記事の中も詳しく解説していますがぶっちゃけ「複数のエージェント会社に登録すしていろいろな案件に目を通しつつ担当の人と上手く交渉する」だけであなたの市場価値は上がります

 

市場価値の低いフリーランスエンジニアは往々にして「自分(のスキル)の相場を知りません」

やっぱりそれだと稼ぐのは難しいですよね

 

エージェント会社を使わないにしても(絶対1度は使ってみたほうがいいですが)「このくらいのスキルだとこのくらい稼げるんだ~」というのを知るためにも業界大手のエージェント会社(Mid Worksやレバテックキャリア等)くらいには登録しておくべきですね

 

スポンサードリンク

市場価値の低いフリーランスエンジニアがやりがちなこと③:同じ職場に留まり続けている

これは半分ぼくの主観が入っていますが稼いでるエンジニアの知り合いはいろいろなところで色々な人と働いています

 

やっぱり自分の市場価値を上げようとしたときに「本当に自分を必要としてくれている人のところに行き期待通り(もしくはそれ以上)の働きをする」というのをやり続けるのは効果的です

 

スポーツが好きな人なんかはお分かりいただけるかと思いますが、プロスポーツの世界なんかもそうですよね?

自分(のスキル)を必要としているチームに行く→自分の得意分野を発揮してチームに貢献する(得意分野だから結果を残しやすい)→自分の市場価値が上がる

みたいな感じで市場価値を上げているスポーツ選手は多いかと思います

それに上のツイートにもあるように、1つの会社で学べることを大体半年ですべて学べるからそこから先はルーティンになって学びが少なくなり、その結果自分の市場価値の伸びも鈍化してしまうとか

せっかくフリーランスエンジニアをやっているならいろいろな職場を経験しつつスキルや見聞を広めつつ自分の市場価値を高められるような働き方をすべきなのかもしれませんね

 

あなたの市場価値はプログラミングスキル×営業(交渉)スキルで決まる

この記事をここまで読んだ方はもうすでに御築きかと思いますが、エンジニアの市場価値はプログラミングスキルだけでは決まりません

 

エンジニアの市場価値はプログラミングスキル×営業(交渉)スキルで決まります

 

スキルはあるのに稼げないという方は往々にしてこの営業スキルがすっぽり抜け落ちているというパターンが多いです

 

交渉スキル、特に報酬面となるとやはり苦手意識だとか嫌悪感だとかを抱いている方も多いかと思いますが、幸運なことに今エンジニアは超売り手市場なので意外と自分の希望がすんなり通ったりもします

ちなみにぼくはまだエンジニア歴半年以下ですが上記の通り始めて単価を上げてもらう交渉をして無事単価を上げてもらうことに成功しました

 

転職などをしたことがある方はわかるかと思うのですが、あなたの市場価値=今もらっている報酬の額です。

もちろんスキルも必要ですがそれと同時にそのスキルを持っている自分を上手く売り込む力も必要

なので市場価値を上げたいという人はプログラミングスキルだけではなく営業スキル(交渉力)にも目を向けてみましょう

 

・もっと稼ぎたいエンジニアの方にはこちらの記事もオススメ

くわしくはこちら

 

くわしくはこちら