お金を稼ぐ

【資格より実績】フリーランスエンジニアに資格は必要ない2つの理由

フリーランスエンジニアになりたいけど、フリーランスになった後に有利になるように資格を取りたい!どんな資格がいいのかな~?

 

という人に向けた記事です

スポンサードリンク

【断言】フリーランスエンジニアに資格は必要ない

フリーランスエンジニアに資格は必要ない

結論から言いますとフリーランスエンジニアになる上で資格は一切必要ありません

 

ちなみに、ぼく自身全くの未経験から半年でフリーランスエンジニアとして活動を始めましたが、その時も資格は1つもありませんでしたが案件獲得は余裕でできましたし、今も資格は持っていませんがそれを不利と感じたこともありません

 

では、なぜフリーランスエンジニアに資格は不要なのかというと

・エンジニア業界で知識やスキルは資格では判断しない

・資格が必要な案件はほぼない

という2つの理由が挙げられます

 

どういうことなのか具体的に解説していきますね

フリーランスエンジニアに資格は必要ない2つの理由

フリーランスエンジニアに資格は必要ない理由①:エンジニア業界では持っている知識やスキルを資格では判断しない

エンジニア業界では持っている知識やスキルを資格では判断しない

エンジニア業界では持っている資格でその人の知識やスキルを判断するということはまずありません

 

では何で知識やスキルを判断しているかというと実績(ポートフォリオ)です

 

もっと具体的に言うとどういう言語を扱いどういったものを作ってきたのかというのだけで知識やスキルがどのくらいあるのかを判断されます

 

実際ぼく自身今までたくさんの制作会社の人やフリーランスエンジニア向けのエージェント会社の人と話してきましたが「どんな言語を扱えますか?」「ポートフォリオを見させてもらえますか?」「最近どんなものを作りましたか?」などというのは必ず聞かれますが「どんな資格をお持ちですか?」等と聞かれたことは一度もありません

 

なので資格を取ろうと考えている人はその時間で質の高いポートフォリオを作った方がいいでしょう

 

ちなみにポートフォリオを作るコツは下の記事で解説してますのでそちらをどうぞ

 

スポンサードリンク

フリーランスエンジニアに資格は必要ない理由②:資格が必要な案件はほぼない

資格が必要な案件はほぼない

フリーランスエンジニアが活動する中で資格が必要になる場面というのはほぼありません

 

実際、ぼくが今まで活動してきて「条件:〇〇(資格)保有者」というような案件はまず見たことすらありませんので無いと言い切ってしまっていいくらいのレベルで少なさでしょう

 

ですが、その分「BtoB向けの〇〇制作経験のある方」だとか「△△(言語)経験年数1年以上」というような実績は必ず必要になります

 

というようにエンジニア業界では資格は自己満足以外で全くと言っていいほど意味をなさないようなものなどでそれでも資格が欲しいという人だけどうぞ…

フリーランスエンジニアとして有利に活動するために資格習得を目指すのはコスパが悪すぎるから資格を取る暇があったら案件をこなすべき

フリーランスエンジニアとして有利に活動するために資格習得を目指すのはコスパが悪すぎるから資格を取る暇があったら案件をこなすべき

これまでに解説してきた通りフリーランスエンジニアに資格は不要です

 

確かにエンジニア向けの資格はありますが、それを持っていたところで大した評価は得られません

つまりもっとお金を稼ぎたい・もっと多くの案件を受けれるようになりたいというような理由で資格を取るというのは非常にコスパが悪いです

 

そんな資格なんかより実績を積み上げたりよいポートフォリオを作る方が何十倍も評価してもらえる業界ですので資格を取る暇があるのなら1つでも多くの案件をこなして実績を積み上げていきましょう

 

・もっと仕事が欲しいフリーランスエンジニアの方はこちらの記事もどうぞ

くわしくはこちら

 

くわしくはこちら