お金のこと

【現役ニートが直伝】働くのがつらい人は今すぐニートになろう!

A さん

働きたくない、仕事がつらい、日曜日の夕方になったらもう憂鬱だし、月曜日の朝はまた5日も働かないといけないことに絶望する

A さん

ニートになりたいけど働かなくちゃ生きていけないし、ニートになってキャリアに空白期間作っったら再就職難しくなって人生積むし、かといってこの仕事をつつけるのは苦痛すぎるしもうどうしたらいいのかわからない

というような人に向けた記事です。

・この記事の内容

スポンサードリンク

働くのがつらいなら一度ニートになってみるべき

f:id:akairen:20180914130951j:plain

結論から言うと、仕事をするのがとにかく苦痛、月曜日が来るのが怖い、朝起きるだけで憂鬱になるというような人は今すぐ一度ニートになるべきです。

 

実際ぼくはもう3年以上ニートをしているわけですが特に何の問題もないどころか、毎日5時間くらい(普通にサボる日もあります…)Web制作等をしつつ後はサッカーを見たり野球を見たりゆるゆる過ごしています。

控えめに言ってこのニート生活はめちゃくちゃ幸せです。

 

とはいっても「いや、確かに仕事は嫌だけどニートとかそんな急に言われても不安しかないよ」という人がほとんどだと思います。

 

ということでこの記事では

・あなたが今の仕事をやめることに対してなんとなく抱いている不安は間違いである

・実際ニートになったら何をすべきなのか

というようなことを解説していきたいと思います。

 

今の仕事をやめるのは不安? そのなんとなく抱いている不安のほとんどは間違い

f:id:akairen:20180914125721j:plain

といってもニートになるになるのは不安という人も多いです。

 

それは世間体(世間体を気にして自分の人生を苦しくするのはどうかと思いますが)はもちろんですが、それ以上にニートになった後の人生設計が不安というもの。

 

もっと具体的に言うと

・一度ニートになってキャリアに空白期間が出来たら再就職が厳しくなって人生詰む

・一度ニートになったらニートの生活が快適すぎてニートがやめられなくなる

ニートになりたいけどお金の面が不安

 

というようなものですが、ハッキリ言ってこれらで不安がるその不安は間違い、的外れもいいところです。

 

ここではそんな不安のどこが的外れなのか詳しく説明していきます。

 

スポンサードリンク

一度ニートになったら人生積む→圧倒的間違い

ニートになってキャリアに空白期間が出来たら再就職が厳しくなって人生が詰むというのはよく言われる話ですがこれは半分正解ですが半分間違い。

 

確かにキャリアに空白期間が出来たら再就職が厳しいという業界は多くあります。

 

しかし、お金を稼ぐスキルを身に付ければ話は別です。

ではそのお金を稼ぐスキルとは具体的に何なのか、どういう風にそのスキルを身に付ければいいのかという具体的な部分に関しては後述していきますね

 

一度ニートになったらニートをやめられなくなる→ほとんどの人はやめたくなる・やめたくならないならやめなければいい

一度ニートになったらニートの生活が快適すぎてやめられない。

これはほぼ間違いです。

 

9割以上の人は数か月以内にはニートの生活に飽きるでしょう。

 

というのも、ニートの日々というのはかなり暇です。

 

基本的に平日になると周りの人たちは仕事をするのでかまってくれる人がいなくなり、時間ができた時にやりたかったことをある程度消費した後はいかに暇をつぶすか~みたいな感じになることでしょう。

 

実際多くのニートの人たちが暇すぎてネットで「ニート 暇つぶし」みたいな感じで検索しているみたいなので一部の膨大な時間を持てあまさず、ひとりの時間を楽しみ続けられるニートの才能がある人以外はニートをやめたくなると思います。

 

逆にニートの才能がある一部の人(ぼくもそうですが)はニートをやめる必要性がないでしょう。

 

そういった人たちは完全にニートに向いていて多分家に籠っている方が幸福度が高いという人がほとんどだと思います。

 

ですからそういった人はいかにしてできるだけ家から出ずにお金を稼ぐか、没頭しているその行動をマネタナイズする方法はないかというようなことを考えたほうがいいですね。

 

スポンサードリンク

お金がないと生きていけない→地方都市なら月10万~生きていける

お金がないから仕事をやめられない。

 

これもよく聞く意見ですが、そういう人に限って自分が月どれくらいのお金があれば生きていけるかというのを把握していないひとが多いです。

 

これは個人差があるので何とも言えませんが、浪費癖がある人でなければ意外とそこまでお金はかかりません。

 

ちなみにぼくは月10万で楽しく生きれます。

 

というと「それはお前だけで自分にはムリだ」というような人がいますが、別にぼくはめちゃくちゃ節約してるワケではありません。

 

毎日お菓子食べますし、毎朝健康維持のためにサプリメントも飲んでいますし、趣味の野球観戦・サッカー観戦を楽しみつつ月二回ほど草野球もやっています。

 

地方都市で生活すればだれでも大体10万前後で生きれるはずです。

 

月10万円なら30万円貯金があれば3か月ニートができますしボーナスを使わずにとっておけとりあえず短期間ニートになってみるというのは実現可能ですし、お金に困っても10万くらいならいまのつらいだけのしごとをやめても稼ぐ手段はいくらでもあります。

 

あと、ぼくはあまりおすすめはしません(理由は後述します)が短期間であれば親のスネをかじる、生活保護を受けるなどやりようはいくらでもあります。

 

上記のふたつをあまりお勧めできない理由は後述しますが、それでも毎日つらいだけの仕事を続けるよりはマシです。

 

ニートをしているうちに絶対にやっておくべきこと

f:id:akairen:20180914125807j:plain
徹底的にダラダラして心身を回復させる

まず、ニートになったらとにかくダラダラして心身を回復させましょう。

 

は?と思うかもしれませんが真面目な人に多いのがせっかくニートになったものの将来の不安や働いていない罪悪感から上手くダラダラできないというパターン。

 

ニートになった意味がありません。

 

まずは「この先どうするか」だとか「本当にニートになってよかったのか」みたいなことを考えるのをやめてダラダラすることに専念しましょう。

 

今までやりたかったけど我慢してきたこといっぱいありますよね?

 

片っ端からやりつくしましょう。

とにかくせっかく手に入れた自由な時間を謳歌し心身を回復させることがまず大事です。

 

なぜ働きたくなかったのか、仕事の何が苦痛だったのかをはっきりさせる

さて、目一杯ダラダラしてやりたいこともやりつくしたら次は「自分がなぜ働きたくなかったのか・仕事の何が苦痛だったか」というのをはっきりさせるという作業を少しずつ始めましょう。

 

というのも、また近いうちに何かしらの方法でお金を稼ぐことになります。

 

その時にどういった方法で自分はお金を稼ぐべきかを考える1つの指針として「自分にとってどんなことが苦痛なのか」を知っておく必要があります。

 

例えばぼくの場合は

・よくわからない上司に偉そう煮られるのが嫌

・行きたくもない飲み会で無駄な時間を過ごすのが嫌

というような感じになります。

 

となるとフリーランスとしてお金を稼ぐか、就職したとしても人間関係が希薄な職場を選ぼう!となります。

 

ここのところをハッキリさせずにニートに飽きたから・お金が無くなったからと何も考えずに仕事に就いてしまうとまた働くのがつらくなったり月曜日が来ることに怯えたりすることになります。

 

お金を稼ぐスキルを身に付ける

先述した通りニートになる(キャリアに空白期間を作る)とそうでない人に比べて仕事を探すのが難しくなります

 

しかし、先述した通りお金を稼ぐスキルを身に付けてしまえば話は別。

 

お金を稼ぐスキルがあれば再就職は簡単ですし、フリーランスとしてお金を稼ぐことも可能です

お金を稼ぐスキルがあればニートになることを過度におびえる必要もなければ再就職が難しいからと今のつらい仕事をいつまでも続ける必要は全くありません。

 

じゃあどんなスキルを身に付ければいいかというとぼくがオススメするのはプログラミングです。

 

プログラミングスキルは本気になれば3か月程度でお金を稼げるレベルのものを身に付けられますし、お金もそこまでかかりません。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

くわしくはこちら

 

理想としてはニートに飽きはじめたらお金を稼ぐスキルを短期集中で身に付けてそこからどういう感じでお金を稼いでいくか考える~という感じがいいのではないでしょうか。

 

最後に:ニートとは言ってもしっかり稼いで自力で生きよう

f:id:akairen:20180914125857j:plain

世間的にニート=親のスネをかじって働かずに引きこもる生き方的な感じで認知されていると思います。

 

それまで毎日仕事が辛くて辛くてという人が数か月働かずに好きなことをして~というのは別にいいとは思いますが、長期的に親のスネをかじったり生活保護を受けたりというのはオススメできません(やむを得ず短期間というのでしたらまだわかりますが…)。

 

というのも、ハッキリ言って自分で使うお金を自分で稼げないというのはリスクでしかありません

 

親や国のスネをかじれてるうちはいいですがそのスネがいつ無くなるかわからないですからね。

 

働くのが辛くて辛くて仕方ない、月曜日が来るのが怖い、毎朝憂鬱という人はぜひ一度ニートになって心身を回復させ自分の人生を見直すべきです。

 

ただ、そのニートをしている中でもっとニートをしたいにしろまた外で働きたいにしろ自分でお金を稼いで自力で生きるというのは忘れないようにしましょう。

 

あっ、ちなみにニートを実際やってみてニートに飽きた、ニートをやめたいという人のためにニートのやめ方も開設しているのでニートをやってみてやめたくなったらこちらも参考にしてみてください

くわしくはこちら