お金を稼ぐ

【徹底比較】貯金の上位互換!今すぐ国債に投資しろ【購入までの手順解説】

f:id:akairen:20180424190919p:plain

ぼくの2018年の目標のひとつに「貯金を限りなくゼロに近づけて(多くてもその月の家賃程度)他をすべて投資に回す 」というものがありました。

というのも、

このように貯金にはメリットが皆無と言っていいほどなく、かといってこのブログの中でも何度も言っている通りしっかりとした知識を身に付け、その上場数を踏まないと投資でお金を増やすことは難しい。

 

とりあえず利益はそこまでじゃなくていいからローリスクでできる投資を…

ということでローリスク投資の代名詞国債投資をしました。

 

 
スポンサードリンク

貯金よりもローリスクハイリターン?!貯金するくらいならせめて国債投資しとこ

投資というとどんなものでもリスクがあって、逆に貯金にはリスクがなくて~と思っている方は多いでしょう。

ぶっちゃけそれは間違っています。

 

まず貯金にはリスクがないという考え方、株やFXといった投資程のリスクはありませんが預貯金している銀行が潰れるというリスクがあります。

 

多くの人は考えたことがないかと思いますが、こうなると銀行に預けているお金はもちろん1円も引き出せなくなります。

 

もちろん、国際投資にもリスクはあります。

 

それはデフォルトと言って自分が持っている国債を発行してる国が「お金返さないよ~」と言い出してお金がかえって来ないパターン。

 

もちろん新興国などの国債を買うとこういうことが起きる可能性はあるでしょうがでも、これは日本国債ならばほぼ起きないと言っていいでしょう(詳しくは後に説明します)

 

少なくともそこら辺の地銀信金が潰れる可能性よりは圧倒的に低いですね。

 

次はそんな国債を買うことのメリットと、メリットばかり紹介しても信用してもらえないと思うのでデメリットもしっかり紹介していきたいと思います。

 
スポンサードリンク

なぜ数ある投資対象の中から国債を選んだの?(国債のメリット・デメリット解説)

国債を買うメリット

・貯金よりもローリスク!というかリスクが限りなく無に近い!

先述した通り国債にもデフォルトと言い、国債を発行してる国が「お金返さないよ~」と言い出してお金がかえって来ないリスクは確かにありますが、まず起きないと考えていいでしょう。

 

というのも、このデフォルトをするとその国の通貨の信用が一気に落ちてしまいますから基本的には財政破綻しない限りデフォルトはありえません(逆に財政破綻の可能性のある国の国債を買う場合はこのデフォルトの可能性も頭に入れなければなりません)。

 

なのでもしデフォルトが起きて日本国債に投資したお金が返ってこなくなった場合は円の価値も一気に落ちて貯金しているお金の価値もほぼなくなると考えていいでしょう。

 

そうなると国債投資のリスクはデフォルトだけですが、貯金のリスクはデフォルト+銀行の倒産ということになります。

どっちの方が安全かはもう言うまでもありませんね?

 

 ・金利が高い

みなさんもなんとなくはわかってることかとは思いますが国債の方がもらえる利子は多いです。

 

ここでは実際の数字を出しながら紹介していきたいと思います。

 

これはメガバンクのM銀行みなさんの中にも利用している方が多いかと思います。

 

その利息がこちら

f:id:akairen:20180529104357p:plain

一方の国債はというと、何年満期にするかや基準金利によって金利は変わりますが、0.005%の最低金利保証がというものがあります。

 

この時点でなんと5倍!!

 

さらに国が定める基準金利が上がればさらに金利が上がる可能性もあります(まぁ、過去10年くらい金利は横ばいなのであまり期待しないほうがいいかもしれませんが…)

 

最低ラインで普通の預貯金の5倍。これはもう貯金と国債どっちを選ぶべきかもうこれは言うまでもありませんね。

スポンサードリンク

国債のデメリット

途中で換金すると直近2回分の金利に相当する金額が、戻ってくるお金から差し引かれる

国債を買う上で唯一気を付けておかないといけないのがこれ。

 

国債には3年 5年 10年という3種類があります(日本国債の場合)がこれらはどれも

途中で換金すると直近2回分の金利に相当する金額が、戻ってくるお金から差し引かれます

 

なので全財産を国債に~というのはやめておいた方がいいかと思います。

 

あくまで老後の生活資金や子供の進学資金というような直近で使わないお金を投資するようにしましょう。

 

ってことで国債を買ってみた(購入の手順解説)

まず国債はどこで買うのかというところから話が始まるかと思います。

 

色々な買い方があるようですが、手間と手数料の観点からネット証券で買うのがオススメ。

 

ぼくはすでに口座を持っているSBI証券で買いました(国債が買えるネット証券はかなり限られているらしいんでSBIで買っとくのが無難だと思います。)

 

ちなみにまだSBI証券の口座を持ってないという方はこちらをどうぞ

このリンクからSBIのサイトに飛び

f:id:akairen:20180505140518p:plain

こんな感じで必要な情報を埋めれば数日でログインに必要な初期IDや初期パスワードなどが書かれた紙が送られてきますのでそれでログインして口座に入金。

 

あとはこんな感じで各種債権が買えるページに飛ぶか、「国債 購入」などでググれば国債購入のページが出てくるのでそこから自分の口座にログインして国債を買いましょう。

 

・追記:国債は常に買えるとは限らないので今すぐ買いたいという人は日本国債で運用する投資信託がおすすめ

ぼくはたまたまタイミングが良く国債を買おうと思った時に国債が買えましたが、日本国債だと募集期間というのが設けられていて、その期間内でしか買えないようです。

 

なので、国債を買いたいけど募集期間ではないという時は、日本国債で運用する投資信託を買うという手もあります。

 

これは何かというと読んで字のごとく国債で運用してる投資信託です。

 

まぁ、要は自分で直接的に国債を買うか投資信託を使って間接的に買うかって話ですね。

 

手数料だとか換金時のルールだとか細かい部分での違いはありますので国債を買おうという方はその辺りも調べつつ自分にはどういった国債の買い方がベストなのかよく考えて買った方がいいでしょう。

 

ちなみに国債運用の投資信託を考えてるという方は、楽天銀行投資信託がオススメ。

 

色んな証券会社で国債運用の投資信託はできますが手数料が一番安いです。

 

 まとめ:国債とかいう貯金の上位互換、もう貯金はやめて国際買おう

ここまで国債の良い部分を説明してきましたが、ぶっちゃけ国債投資はしっかりお金を増やしたいという人には向きませんね。

 

確かに銀行に預貯金するより利息はいいですが株やFXなどといったしっかりリスクを取ってする投資のリターンにははるかに及びません。

 

どちらかというと今ある資産を安全に守るといった意味合いが強いんじゃないかと思います。

 

先述した通りデフォルトのリスクと銀行倒産のリスクを考えた時に国債の方が遥かに安全ですからね。

 

となると、賢い人はお気づきかと思いますが利息も銀行の預貯金より高く安全性も高い

 

いや、もう銀行に貯金する意味ないじゃん!!

 

ってことで、国債は貯金の完全上位互換ということがお分かりいただけたかと思います。

 

ここから先、老後や子供の教育資金なんかを貯めようと思ったら銀行に行かず国債を買った方がいいです。絶対。

 

というか貯金をするメリットがありませんから。

 

 

国債だけじゃなくて他の投資にも興味があるという人はこちらもどうぞ

くわしくはこちら
くわしくはこちら