バイク

【ツーリング】夏にバイクに乗るあなたにおすすめの服装まとめ【北海道】

f:id:akairen:20171122212036p:plain

・夏と言えどバイクに乗ると朝晩はめちゃめちゃ寒い

・かといって厚手の服装にしたら昼間は当たり前のように暑い

・程よく薄着にしたいけど安全面は気を付けたい

 

みたいなことから夏にバイクに乗る時の服装選びってやたら難しくないですか?

 

特に北海道は夏でもバイクに乗ると寒いみたいなことがざらにあるので夏=薄着みたいな考え方は危ないです。

実際ぼくも7月のツーリングで油断して夏物の薄手のジャケットのみでツーリングに出かけ何度峠で寒い思いをしたことか…

 

そんなぼくも4年間かけ試行錯誤して結果夏のツーリングにおける最強の服装を見つけましたので紹介していきたいと思います

スポンサードリンク

 ジャケットはseals一択!!ジャケットの厚さも調節でき、プロテクター入りとか最強

夏のツーリングの服装で一番迷うのがジャケットとだと思います。

 

厚いジャケットだと夏は暑いし、薄すぎると万が一の時不安だし峠や雨が降ったりすると寒いし、中にプロテクターつけるかどうかも迷うし…みたいな

 

そんな中ぼくが今絶賛愛用しているこのsealsのジャケット

夏用のメッシュのジャケットなんですがこんな感じで2枚重ねになっていて、夜や峠、雨などによって寒くなったときは2枚重ねて着て、晴れてて暑い昼間は1枚で~みたいな着方ができます。

 

さらにプロテクター入りで安全面もバッチリで、もうこれ以外の選択肢なんてなくね?と思ってます。

まぁ、これ以外にも同じような機能のある夏用ジャケットはいろいろありますが夏用のジャケットはとにかく暑い時と肌寒い時の両方に対応出来る様ジャケットの厚さを調節できるタイプのものがいいでしょう。

スポンサードリンク

グローブは夏物の薄手の物を2枚以上

グローブは基本どんなものでもいいかと

 

まぁ、強いて言うなら蒸れなさそうなやつがいいんじゃないでしょうか?

ちなみにぼくのはこれ。

ぼくが使ってるのはレッドなのですが、今はもうないみたいですね…

 

ちなみに同じのを2枚持っています。

なんで2枚?!と思うかもしれませんが、1枚は雨が降った時用。

 

と言っても、雨が降ってる時用は使い古したヤツで大丈夫ですのでぼくも雨の日のはこんな感じでボロボロのを使っています。。

f:id:akairen:20171123192623j:plain

グローブが古くなってきて買い替えるという時古いのを捨てずにとっておいて雨の費用にするというのがベストじゃないでしょうか

 

パンツはオーソドックスにジーンズでその下にプロテクターを

パンツはピチっとしたパンツ(スキニージーンズ等)のじゃなければ何でもいいと思います。

 

というのも、ピチっとしているのだと中にプロテクターが付けれませんからね。

 

短かい距離をちょこっとだけ乗るというのであればプロテクターはいりませんが遠乗りするときやキャンプツーリングみたいに長距離を走る時は危ないんで付けるようにしましょう。

 

こんな感じで安いのは1000円台からあるんで長距離ツーリングをするという時は用意しといて損はないです

靴はケガと峠で寒い思いをしたくなければ黙ってハイカットのブーツを履いとけ

靴はハイカット一択ですね。

 

理由は2つ。

まず1つは、最近ではスニーカーのようなバイク用の靴も多く売られていますが、バイクで一番ケガをしやすい部分は足首と言われていてハイカットならその足首のケガを防げるという理由。

 

2つ目は峠や雨の日などバイクに乗っていると夏とはいえ寒い思いをする場面に遭遇することはよくあります。

 

そういう時に足首が出ていると寒い思いをしますし、雨の日は靴の中に雨水が入りやすいという理由。

 

要はハイカット以外の靴を履くメリットはありません。というかでメリットしかない。

ちなみにぼくはいつもこれを履いています

オールシーズン履けますし、多少の雨なら靴の中が濡れることもないしサイコー。

スポンサードリンク

雨具兼防寒具として持ち運びに便利なレインスーツ上下を

最後はレインスーツです。

 

天気予報が晴れだったら荷物になるから持たないという人も多いみたいですが、必ず持ってツーリングに行くべき。

というのも、峠や海辺などは天気が変わりやすく急に雨が降る可能性もありますし、バイクに乗ってて寒いなと感じた時には防寒具にもなりますしね。

 

なのでぼくはカッパをコンパクトで持ち運びやすいものという基準で選びました。

それがこれ

上下セットの普通のレインスーツですが

こんな感じでコンパクトに丸められる(LLでも丸めたら25cmくらいに!!)のでカバンやバイクにつけるボックスなどにも楽々入ります。

f:id:akairen:20171123193347j:plain

あっ、レインスーツを買う時ははっ水スプレーを買うのも忘れずに

 

定期的にスプレーしないとカッパ着てても雨でずぶぬれになります(笑)

まとめ:夏のツーリングは暑さ対策・寒さ対策の両方を

ここまでぼくの今までの経験から夏のツーリングにおすすめの服装を紹介してきましたが、要は夏のツーリングでは暑さ対策と寒さ対策の両方をしろよ!ってことです。

 

当たり前ですがバイクに乗っているときは炎天下の中ずっと外にいることになります。しかし夏でも峠なんかは寒いですし、雨で濡れることも多々あります。

そういったことを想定して準備しないとツーリングを楽しみきれないですからね(長距離になればなるほど寒さや暑さにイライラするという経験はみなさんもあるはず)

 

ここで紹介した服装・装備はあくまで最低限ですのでこれだけは忘れずに準備して、あとはツーリングをする中で必要なものを見つけていくという感じでツーリングを楽しめばいいのではないでしょうか。

 

・バイクに興味があるという方はこちらの記事もどうぞ

くわしくはこちら

くわしくはこちら