バイク

バイク歴4年のぼくのヘルメット選びのコツとおすすめヘルメット10選

f:id:akairen:20170220063026j:plain

どうも、プロニート未満の赤井です。

ぼくはもう4年くらいバイクに乗っているのですが、バイクを初めて乗るぞ!という時に一番困ったのが

えっ、ヘルメットってめちゃめちゃ種類あるけどどれにすればいいの…?

ということでした。

というのも、ヘルメットってデザインも値段もピンキリでとにかく種類が多い。

初めてバイクに乗る人にやさしくない!!

ということで今回はそんな時にどうやってヘルメットを選んでいけばいいのかということと、それを踏まえたうえでのおすすめのヘルメットを紹介していきます。


スポンサードリンク

1に安全性2にデザイン3に快適さがヘルメット選びの基本

・安全性(丈夫さ)

・デザイン(自分の好みに合うか?自分の載るバイクに合うか)

・快適さ(締め付けが強すぎないか?通気性はいいか?)

・値段(ヘルメットの値段は本当にピンキリ)

・メーカー(バイクは趣味の乗り物なんで結構これを機にする人も多い)

というようにバイクのヘルメットを選ぶうえで気になることはたくさんあるかと思います。

実際に観て決めようと思ってもバイク用品店なんかに行くとたくさんヘルメットがおいてありさらに迷ったり…

ここではそんななかなかどのヘルメットがいいか決められないというあなたにヘルメット選びの基準をお教えします。

それは…

1に安全性2にデザイン3に快適さ

です。

えっ?!値段は?

と思う人もいるかもしれませんが、バイクのヘルメットを選ぶ上で値段は基本無視してください。

というのも、バイクのヘルメットは値段のピンキリさもさることながら安全性(丈夫さ)もピンキリで「いや、そのヘルメットかぶっても意味ないでしょ…」みたいなものもいっぱい存在しています。

ただでさえ事故ったときに死ぬ確率が高いバイク、死にたくない人はとにかくこの安全性の面を気にしながらヘルメット選びをするようにしましょう。

今回紹介していくヘルメットもこの安全性を第一に選んでいます(今回紹介するヘルメットがフルフェイスヘルメットとオフロードヘルメットしかないのもそういった理由です)。
スポンサードリンク

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST ブラック

フルフェイスヘルメットの中で一番人気じゃないですかね。

というのも、このクオリティでこの値段(2300~24000円)というのは破格の安さです。

さらにSHOEIのヘルメットの代名詞ともいえる丈夫さ、曇りづらさ、風きり音の静かさも健在。

色もブラックやホワイトなど汎用性の高い色を取り揃えています。

「お金がないからデザインにこだわれない…」という人はとりあえずこれを買っておきましょう。
スポンサードリンク

アライ(ARAI) バイクヘルメット フルフェイス HR-INNOVATION

ARAIのフルフェイスヘルメットの中で一番ポピュラーでコストパフォーマンスがすごくいいことで有名なヘルメットです。

初めてヘルメットを買う人で「こういうのがいい!」みたいなこだわりがない人はこれか先ほど紹介したSHOEIのバイクヘルメット フルフェイス QWESTを買っとけば間違いないです。

アライ(ARAI) バイクヘルメット オフロード TOUR-CROSS 3

今まさにこのヘルメットの色違いをぼくは愛用しています。

オフロードタイプなのでオフ車に乗ってる人限定となりますが、かなりオススメです。

というのも、何より軽い!

ぼくはオフ車に乗りながらかなり長距離のツーリングをするのですが、ヘルメットによる疲れはほとんどありません。それくらい軽い。

そしてフィット感も素晴らしいです。

そこはさすがのARAIといった感じですね。

安全面も安心のARAIブランドで何よりデザインが豊富なので「このヘルメットがいいけど、自分のバイクに合うのがない…」みたいなことはないんじゃないでしょうか。

オフ車乗りでヘルメットに迷った人はこれを買っとけば間違いないですよ。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット システム NEOTEC

このヘルメットはロングツーリングをする人にオススメです。

というのも、このヘルメットはSHOEIの他のヘルメットに比べ密着性が高く雨や虫などがが入りづらい形状になってるんです。

また、耳周りがゆったりしているのでぼくの様にメガネをかけてバイクに乗るという人には特におすすめ

 ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット オフロード HORNET ADV

ぼくがヘルメットを買ったときに最後の最後まで迷ったのがこれ(ちなみに最終的にはARAIのバイクヘルメット オフロード TOUR-CROSS 3を買いました)

他のオフロードヘルメットとは比べ物にならないくらい軽く、丈夫さを疑うレベル(もちろんちゃんとした作りになってます)

ぼくが軽くかぶった感想はフィット感で選ぶならARAIのバイクヘルメット オフロード TOUR-CROSS 3、軽さで選ぶならSHOEIのバイクヘルメット オフロード HORNET ADVといった感じですかね。

とにかく軽くて疲れにくいのでオフロードをバンバン走る!という人にはこっちの方がおすすめです。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス GT-Air

多少お金がかかってもかっこいいヘルメットがいいという人におすすめなこのヘルメット。

というのも、ちょっと調べてもらえばわかるかと思いますがとにかくデザインが豊富

そしてどれもかっこいい!センスがいい!!(まだまだいろんなデザインのがあるんでぜひ見てみてください)

ぶっちゃけ「どうしてもこういうデザインのが…」という人はオーダーメイドで作ったほうがいいと思いますが、そこまで具体的なものはないけどとにかくかっこいいのをという人はまずこれじゃないでしょうか。

アライ(ARAI) バイクヘルメット フルフェイス HR-INNOVATION

ARAIの同価格帯ヘルメットの中では安全性能が段違いと言われているヘルメットです。

それでも3万いかない辺りがすごい。

ですが、ARAIのヘルメットでは珍しく頭部部分のパッドの脱着ができない(安全性能を追い求めたがため?)のでその点だけ買う時は注意しましょう。

アライ(ARAI) バイクヘルメット フルフェイス RAPIDE-IR PROSPECT

このヘルメットはヘルメット自体の丈夫さもさることながら、万が一事故が起きた時に第三者がヘルメットを外しやすいエマージェンシー・タブというものが取り付けられているというのがウリのヘルメットです。

そんなことからARAIのヘルメットの中でもかなり安全性の高いヘルメットと言われていますが、様々な機能パーツがありながらも重さはかなり抑えられています。

とにかく安全性が高いものをという人はこれかARAIのバイクヘルメット フルフェイス HR-INNOVATIONを選んでおけば間違いないでしょう。

  ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7

これも長距離ツーリングをする人にオススメのヘルメット。

ですが、先ほどの密着性の高いNEOTECとは違い、軽さと静かさが特徴のヘルメットです。

フルフェイスヘルメットの中ではトップクラスの軽さですがそれでもしっかりとした作りになっているので安心してツーリングを楽しめます。

どうしても高いヘルメットが買えないという人は…マルシン(MARUSHIN) バイクヘルメット フルフェイス M951

ここまで紹介してきたヘルメット達は安くても2万以上します。

ぶっちゃけ初めてバイクに乗るという人がこれを見たら「えっ、高っ」と思うことでしょう(amazonなどで調べたらもっと安いものがたくさん出てきますしね)

ですが、冒頭でもいった通りヘルメットというのは直接命にかかわってくるものなので作りの悪い安いものを使うのはすごく危険です。というかヘルメットをする意味がありません。

でも、それでももっと安いのをという方はせめてこのマルシンのヘルメットにしましょう。

マルシンは安価なヘルメットの中ではかなり丈夫なブランドとして有名です。

同価格帯の中で他とは比べ物になりません。

先ほどから紹介しているSHOEIやARAIのヘルメットに比べ付け心地や風きり音の点ではかなりお取りますが安全性ではそこそこのレベルですので数万のヘルメットは手が出ないという人はこれをどうぞ(それでもぼくはこれをかぶってバイクに乗りたくはないです…)