お金を稼ぐ

スキルゼロのフリーランスは「手に職を付ける時間」を作るべき

フリーランスになったけど想像以上に稼ぐのが難しい、どうすれば稼げるようになるの…?

毎日会社に行くのが辛すぎるからフリーランスになりたいけどこれといったスキルも人脈もないから稼げるか心配…

というようなあまり稼げてないフリーランスやフリーランスになりたいけどこれといったスキルがないという人に向けた記事です。

結論から言うと現状あまり稼げていないフリーランスやスキルも人脈もないけどフリーランスになりたいという人はまずある程度時間を投下して手に職を付けましょう。

ということでなぜ人脈づくりよりもスキル面を優先させるべきなのか、手に職を付けるって具体的に何をすればいいのというようなことを解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

人脈を作るよりも手に職を付ける方が圧倒的に簡単

お金を稼ぐ(仕事を得る)上でやはり人脈とスキルというのはかなり重要になってきます。

とはいっても、人脈を作るというのはやはり環境要因も必要なので作ろうと思って作るのは難しい場合も少なくありません。

その点手に職を付ける(スキルを身に付ける)のはある程度の時間を投下さえすれば誰でも可能ですし良い環境を整える(オンラインサロンを利用するなど)のも比較的簡単です。

実際ぼく自身、就職経験がなく今日までフリーランスをやっているということもあり、仕事を得られる人脈はゼロですがスキルを身に付けたことで普通に稼ぎ今日まで生きてこれていますから、今現在稼げない・仕事がないというフリーランスやスキルも人脈もないけどフリーランスになりたいという方はまず手に職を付けることから始めましょう。

そっちの方が圧倒的に簡単です。

スポンサードリンク

スキルのないフリーランスは労働力を買い叩かれる

人脈よりスキルを優先させるべき理由というのがもう1つありまして、それは「スキルのないフリーランスは労働力を買い叩かれる」というものです。

これはぼくの体験談なのですが、ぼくは大学を中退して紆余曲折ありフリーランスとして生きていくことにしました。

そこで、仕事を得ようとまずはクラウドソーシングで仕事探し受けるようになりました。

確かにクラウドソーシングはスキルがそこまでなくても簡単に仕事が手に入りノースキルだったぼくとしてはありがたかったのですがどれだけ頑張っても時給換算で900円前後しか稼げませんし、そこから単価を上げるのもかなり苦労しました。

また、クラウドソーシングで稼ぐうえで「提案」という営業活動のようなものをしなければなりません。

これを仕事がなくなる度(一週間から10日に一度)3~5時間位する必要がありました。

もちろんこの提案している時間はお金が発生しません。

というように生きていくギリギリのお金を稼げてはいましたが時給換算で言うとそこら辺のコンビニバイト以下だったと思います。

まぁクラウドソーシングで仕事をする以上、発注する人は「質はそこそこでいいからとにかく低コストで」という考えのもと発注する人がほとんどなので仕方のないことではありますが、ノースキルでフリーランスになるとこのように間違いなく労働力を買い叩かれます。

ぼくは、他の収入源を確保したりプログラミングスキルを身に付けるなどしたりしてこの環境から1年程度で抜け出すことができましたが、収入源の複数化やスキル修得をせず漫然と働き続けていたらフリーランスになって3年以上経った今でもこのような苦しい状況から抜け出せていなかったことと思います。

スポンサードリンク

スキルゼロのフリーランスは3ヶ月手に職を付ける時間を作れ

手に職を付けるって具体的に何をすればいいの?

こういった話をすると、「とはいえ手に職を付けるって具体的に何をすればいいの?」という疑問をもう方も多いかと思います。

現状フリーランスとしてあまり稼げていないにしろ何らかの仕事を受けつつ生活しているという人は「その仕事をしていくうえで自分の市場価値が上がるスキル」を身につけましょう。

例えば今、フリーでWebデザインをしているという人であれば、コーディングもできるようになれば確実に自分の市場価値も上がりできる仕事の幅が増えますよね?

こんな感じです。基本的なコーディングなら2ヶ月もあれば身に付くかと思いますのでやる価値は十分にありますね。

また、「今はノースキルだけど会社辞めてフリーランスになりたい」という人で最初に身に着けるスキルは何がいいかわからないという人にはプログラミングをオススメします。

ぼくがプログラミングをオススメする理由は3つあって

・お金を稼げるレベルのスキルを比較的短期間(3か月前後)で習得できる

・現状需要が多いので仕事を得やすい(稼ぎやすい)

・労働環境の自由度が高い

といったメリットだらけのスキルだからです。
最低限のスキルさえ身につけちゃえば駆け出しでもいきなり月5万、それを3ヶ月も続ければ生活費なんて余裕で稼げます。

詳しくは下の記事で解説しているのでそちらをどうぞ

くわしくはこちら

どんなスキルでも大体3ヶ月くらい時間投下すれば習得できるかと思いますので、現状稼げずに苦しんでいるという人やこれといったスキルがないという人はまず3ヶ月スキル修得に集中するというのが良いかと思います。

手に職を付ける→お金を稼ぐ→稼いだお金でさらに収入源を作る でフリーランスの収入は安定する

手に職を付けることでとりあえず今は稼げるようになるでしょう。

しかし、そのスキルの市場価値が落ちた時にまた稼げなくなりますし万が一その仕事が出来なくなる不測の事態が起こる可能性もありますから手に職を付けお金を稼げるようになったらそれを元手に更なる収入源を確保しましょう。

ちなみにこんなことを言っているぼくはというとこういった個人メディアの運営、FXをはじめとする投資、Web制作というように今現在3つの収入源がありますのでまぁこのうち1つがダメになったとしてもまだ安定して稼ぎ続けることができます。

また、お金を稼げるレベルのスキルが複数個あればそれらを掛け合わせることで自分の市場価値を上げることもできます

例えばぼくの場合で言うと、Web制作とメディア運営を掛け合わせて「SEO(あるキーワードを検索上位に上げるスキル)のできるエンジニア」として市場価値を上げることもできますし、先程も例に出したようにWebデザイナーならコーディングができるようになればWebデザイナーからデザインのできるエンジニアになりますから市場価値が上がるという感じですね。

そうなれば効率よくお金が稼げるようになる→時間に余裕ができる→さらに新しいスキルを身に付ける→さらに収入が安定する。というようにフリーランスでもどんどん安定して稼げるようになります(というかこのレベルまで行けばそこら辺のサラリーマンより余裕で安定していますね)

手に職を付ければ人脈がなくてもフリーランスとして稼ぐことは比較的簡単

ぼくは就職したことがないので仕事をもらえる人脈というのが全くありません。

その結果、先述したような労働力を買い叩かれる苦しい時期を過ごしたこともありました。

とはいえ、スキルがあっても人脈や営業力がないと仕事を得るのは難しいのでは?

という方もいますがそんなことはありません。

ぼくのようなエンジニアでしたら無料で利用できるエージェント会社を利用して全く営業せずに仕事を獲得することも可能です。

詳しくは下の記事で解説しているのでそちらをどうぞ

くわしくはこちら

というように人脈がなくても手に職さえつけてしまえばフリーランスでも安定して稼げますので今稼げていないという方やフリーランスになりたいけどこれといったスキルがなくて稼げるかどうか不安という人はまず手に職を付ける時間を作るところから始めましょう。

・もっとお金を稼ぎたい!という人はこちらの記事もどうぞ

くわしくはこちら