お金のこと

【現役エンジニアが解説】ホームページ作成の外注にかかる費用の相場

自分の会社やサービスを紹介するホームページが欲しい。外注しようと思ってるけどいくらくらいが相場なのかわからない

費用は抑えたいけどある程度ちゃんとしたホームページを作ってほしいし、やっぱり結構な値段するけど大企業に依頼した方がいいの?

というようなあるホームページを作りを外注したいけど相場がわからない、どういった人(企業)に外注してもらえばいいかわからないという人に向けた記事です

 

今回は実際にフリーランスエンジニアとして日々Web制作をしているぼくがホームページ制作の相場はどれくらいで、どういった外注先を選ぶべきかというのをパターン別に解説していきたいと思います

 

外注は失敗するとめちゃめちゃお金がかかる

まず最初に言っておきたいのが「外注に失敗するとめちゃめちゃお金がかかって大変なことになる」ということ。

 

後で詳しく説明しますが、ホームページと一口に言っても「結構な頻度で更新することを想定に入れたホームページ」と「更新することをあまり想定していないホームページ」というような大きく分けて2種類あります。

 

この時点で結構な頻度で更新する予定があるのに「更新することをあまり想定していないホームページ」を作ってしまうと更新のたびにお金がかかってしまい、ぼくの知っている例で言うとひとつのホームページを運営しているだけなのに年数百万ものお金がかかってしまっているというパターンもあります

 

また、頻繁に更新するのを想定しているものを作った場合、初期投資は高いものの外注に頼まず自分で簡単に更新できるサイトと更新するごとにお金はかかるけども外注先に丸投げできるタイプのサイトというように色々なタイプがあり値段もさまざまなので、「自分がどういう目的でホームページを運営するのか、どのように運営していくのか」ということをハッキリさせてから外注に頼むようにしましょう

 

とはいえ、そんなこと言われてもわからないという方もいるかと思います

そんな方へ向けてぼくが個人的に無料相談しているので下のリンクからぼくのTwitterアカウントに飛んでDMにて質問してください

@ren_tsurakunai
スポンサードリンク

そもそも、つくるホームページの種類によって相場は大きく変わってくる

先程軽く触れましたが、作るホームページの種類によって相場は大きく変わります。

 

そんな中で今回は

・少数の商品(サービス)をとにかく売り上げるページを作りたい→LP(ランディングページ)制作

・自社の紹介をするページを作りたい(あまり更新予定がないor丸投げしたい)→外注先に丸投げするタイプのコーポレートサイト制作

・自社の紹介をするページを作りたい(結構な頻度で更新の予定があるorできるだけ安くつくりたい)→WordPressでのコーポレートサイト作成

 

というようなパターン別にその相場とそのホームページを作るメリットや注意点を解説していきたいと思います

スポンサードリンク

LPを作るべき場合とその相場

ホームページを作る目的が「特定のモノ(サービス)をこのページからたくさん売りたい」だとか「このページで売り上げ〇〇万円達成するのが目標」というような方はLP(ランディングページ)の作成をオススメします。

 

ランディングページとは下の画像にあるような1ページ(ないしは数ページ)からなるものでとにかく売りたい商品のアピールをして制約につなげるのが目的というものです。

 

相場は最安値だと3万円位から外注できますが、物やサービスを売る場合成約につながるようなコピーライティングが必要だったり、たくさん売るためには多くの人にページを見てもらう必要があるのでSEO対策というあるキーワードで検索をかけた時に検索上位に来るようなページ作りができる知識やスキルを持ってる人に作ってもらったり~と言うように突き詰めていくと1ページ数十万かかったりととにかくピンキリです。

 

ネットを使って何らかの商品を売るとなったときにはこのタイプのページを作るのが一番いいですし、うまくつくればそれこそ月に数百万数千万稼ぐページになるということもあります。

 

しかし、注意点としてそれっぽい見た目のページが作れてもコピーライティングやSEO対策が出来ていなくて全く売れないみたいなことがザラにあるんで外注する場合は外注先の経歴やポートフォリオ(見本)等をしっかりチェックするようにしましょう

スポンサードリンク

コーポレートサイトを作るべき場合とその相場

お問い合わせページ、採用ページなどがあるいわゆる会社を紹介するホームページが作りたい、更新はそんなに…という方は外注に丸投げする形でコーポレートサイトを作るというのがオススメです。

 

このタイプのコーポレートサイトなら5万円~20万円程度で会社概要、お問い合わせページ、採用案内、などが一通り載っているホームページを作ることができるでしょう

 

メリットとしてはやはり丸投げできるので何の知識がなくてもそこそこなクォリティーのホームページを作ってもらえるという点

 

注意点としては、丸投げすると更新の必要に迫られるたびに追加でお金がかかってしまうというのと、制作会社などによって結構料金体系が違い初期費用0円みたいなパッと見で安そうな所に安易に飛びつくと運営費などという名目で何もしなくても年5000~2万円くらいお金がかかってしまったりしてしまうというのがあります

 

ちなみに、先述した通り頻繁に更新する予定があるのにこの丸投げするタイプでホームページを外注して年数百万とかかかってしまったというパターンもあるので気を付けましょう

 

WordPressでコーポレートサイトを作るべき場合とその相場

先程の丸投げするパターンと違いWordPressという物を使って誰でも簡単に更新ができるホームページを作ってもらうという、頻繁に更新する予定がある人にオススメのパターンです。

 

相場は8~30万程度でしょうか。

先程の丸投げするタイプのコーポレートサイトよりも初期費用は高いですが、先ほどのタイプは更新するたびにお金がかかるので自分たちで簡単に更新できるWordPressを使ってホームページを作ってもらい自分たちで運営していくことができるのでホームページを制作してもらった後の出費は最小限に抑えられます。

 

もちろんホームページを制作・納品するときに外注先の人から更新の仕方なども教えてもらえますし、基本的にWordPressでホームページを制作するときはトップページ・お問い合わせ・会社概要・アクセスなどの必要最小限のページ(5~10ページ程度)を作って〇万円みたいな形が多いので自分で運営していくとしてもそこまで高いハードルではないかと思います。

 

企業とフリーランスどちらに外注するべきか?

大企業だからクオリティが高い、フリーランスだからクオリティが低いということはない

まず多くの人が間違えがちなのが、「大企業だからクォリティの高いサイトを作ってくれる、フリーランスはクォリティが低い」というもの。

 

これは大きな間違いです。

そこそこ大きな企業で新人教育とかもしっかりしてそうなのに過去の制作物などを見てみたら「えっ、これでお金取るの…?!」というものがちらほらあるような会社もありますし、逆に個人でデザインがしっかりしている上でSEO対策がしっかりできて~というような人もたくさんいます。

 

では、何を基準に外注先を決めればいいか、そのひとつの目安としてここでは企業に外注するメリット・デメリットとフリーランスに外注するメリットデメリットを解説していきたいと思います。

 

企業に外注するメリット・デメリット

まず企業に外注するメリットですが、廃業の心配が大企業になればなるほど少ないというものが挙げられます。

 

というのも個人やフリーランスだといつ廃業するかわからないという怖さもありますし、廃業しなかったとしてもホームページ制作や修正の業務を完全にやめてしまうという可能性も大いにあります

 

特に先ほど紹介した外注先に丸投げしてコーポレートサイトを作ってもらうパターンだとかなり困りますよね

 

そういう点で大企業にはいつまでもサポートしてもらえる可能性が高いという安心感があります

 

逆にデメリットですが、これはズバリ値段設定が高めという点です。

 

というのも、大企業になるとひとつのホームページを作るのに多くの人がかかわるので当たり前ですがその人件費がかかっってしまいます

 

どれくらい価格に差があるかといいますと例えばぼくはWordPressを使ってのコーポレートサイト作成を8万円~という価格設定でやっていますが、これが大企業になると15~20万円くらいになってきます

 

最近では大企業もその価格の点で顧客が離れつつあるというのに気づいてか「初期費用0円(ただし運営費やその他諸々でお金かかります)」だとか「業界最低水準!〇万円(フリーランスの相場以下)でコーポレートサイト作ります!(ただし実際に使えるレベルのサイトにするには色々オプション付ける必要があるんでそこは別料金で)」みたいなのもたくさんあるので大企業に外注するにしてもフリーランスに外注するにしてもどういう料金体系でやっているのかは必ずチェックするようにしましょう

 

フリーランスに外注するメリット・デメリット

フリーランスに外注するメリットは先程も軽く説明しましたが価格が安いということと、

 

逆にフリーランスのデメリットは、外注先の選定に失敗してスキル不足、経験不足のフリーランスにあたってしまうと「お問い合わせ欄を作れない」だとか「ホームページをスマホに対応させられない」というようなことが起こります

 

もちろん先述した通り知識もスキルも豊富で値段以上のページを作ってくれるという人もたくさんいますし、スキル不足のままやり続けているなんて人は極々少数ですが…

 

そういう意味でフリーランスを外注に選ぶ場合は「フリーランスは玉石混交である」というのを念頭に置いて外注先を探すといいでしょう。

 

では、優秀なフリーランスを見つけ出すにはどうすればいいか。

これは結構簡単でその人のポートフォリオ(過去の制作物、見本)を見ればその人がどれくらいのスキルを持っていて普段どういう感じのページを作ることが多いのかというのが一目でわかります。

 

なので逆に言うとこのポートフォリオがない(後悔していない)という人は外注先の選択肢から外すべきですね

こうするだけで少なくとも最低限のスキルすらないフリーランスに当たるということはなくなるでしょう

 

ちなみにぼくのポートフォリオはこんな感じで誰でも見られるようにしていますので興味がある方は是非どうぞ

くわしくはこちら

 

おまけ:ぼくの場合はこんな感じの相場でホームページを作ってます

最後におまけとしてぼくが普段どんな感じの値段設定でホームページを作っているかという一例を紹介しますのでこれからホームページを作りたいという人は参考までにどうぞ。

料金表はこちら

もちろん制作するホームページのページ数やオプションなどによってこの価格は変わりますのであくまでひとつの目安くらいの感じでお願いします

 

ざっくりいうと、LP制作は1ページ4万円~、WordPressを使ってのホームページ制作はWordPressの設定+5ページの記事投稿(記事内容等はお客様にご準備いただきます)で12万円~という感じになっています

 

それ以外にもホームページの修正などもやってますのでお気軽にご相談ください!

 

もしこの記事を読んでぼくにホームページを作ってほしい!となった方は(@ren_tsurakunai)よりDMにでご連絡ください

 

ただし、ぼくのキャパシティにも限界がありますし、そもそも必要以上に働きたくないのであまり多くのホームページを作成することはできません。

 

なので、依頼したい方はお早めに!

あと、どうしてもぼくにホームページを作ってほしい!!という方のみでお願いします(想像以上の数の依頼が来た場合、事前連絡なしに募集を終了する場合がございますのであらかじめご了承ください)