お金を稼ぐ

【徹底解説】稼げないフリーランスエンジニアに共通する2つの共通点

フリーランスエンジニアになったけど全然稼げない

会社を辞めてフリーランスのエンジニアになりたいけど、今そこそこお給料もらえてるし稼げなくなるのが怖いから二の足を踏んでいる

 

というような人に向けた記事です。

 

フリーランスエンジニアが稼げないなんて事はありえない

結論から言いますと、フリーランスエンジニアが稼げないなんてありえないです。

 

ソースはぼく自身。

ぼくはプログラミングの勉強を始めてまだ1年未満。フリーランスエンジニアになってまだ3か月弱というまだまだ駆け出しですが、生きていく分には十分なくらい稼げている上、こんな感じで平日昼間からサッカーを見るくらい余裕のある生活を送れています。

 

もちろん下の記事にあるようにフリーランスエンジニアとして活動し始めた最初の月は5万円くらいしか稼げませんでしたが3ヶ月もやれば余裕で生活していけるでしょう。

 

さらに言うと、いま世間は圧倒的エンジニア不足。

仕事もたくさんあればエンジニアの市場価値もかなり高いです。

 

厳しい言い方になりますが、そういった状況から考えると稼げない原因は全てあなたにありますし、あなたが稼げない原因をしっかり突き止めてそこを改善すれば比較的簡単に短期間でしっかり稼げるフリーランスエンジニアになれるでしょう

スポンサードリンク

稼げないフリーランスエンジニアの共通点

稼げないフリーランスエンジニアには共通点があります。

それは

・スキルが足らず稼げない

・仕事の取り方が下手で稼げない

というもの

 

現状稼げてないというフリーランスエンジニアはこのどちらか、あるいは両方が当てはまるかと思います。

 

 

いや、こんなの稼げなくて当たり前じゃんと思う方もいるかとは思いますが、稼げないフリーランスエンジニアは大体その当たり前すらできていないというのが事実です

 

では、これらの問題を抱えていて稼げないフリーランスエンジニアが具体的になにをすれば稼げるようになるのかパターン別に解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

スキルが足りず稼げないフリーランスエンジニアがやるべきこと

自分に足りないスキルを明確にし、それを身に付ける

 

スキルが足りず稼げないフリーランスエンジニアの方は独学でプログラミングを勉強したという人が多いです。

 

そういった方は最低限のプログラミングスキルを自分では身に付けてと思っているものの身に付ききっていない、スキルがお金を稼げるレベル(顧客の需要を満たせるレベル)に達していないということに気づけていないというパターンがほとんどです。

 

例えば、HTML,CSSはある程度できるが最近流行りの動きのあるページの作り方はわからないととしましょう、そうなると顧客は動きのあるページを作ってほしいけどあなたは作れない→稼げない

稼ぐためにはJava(jQuery)をマスターしなくてはならない…となります。まぁ当たり前ですよね…

 

というように色々なページやサイトを見ながら自分は何ができないのかというのをしっかり把握してそれをできるようにしましょう。

 

とはいえ、自分に何ができないのかを客観的に把握するというのは人によっては難しいです。

そういった場合はやはりプログラミングスクールを利用するのがオススメ。

 

プログラミングスクールは最低限身に付けるべきプログラミングスキルがパッケージ化されているのでこういった「スキルが不足しているけど自分は気づけていない」ということはまず起こりません。

 

また、教材を進めていく中でメンターさんが自分の苦手なところや身に付ききっていない部分をしっかり把握してくれてその苦手をしっかりつぶしてくれるのでプログラミングスクールを出てスキル不足が原因で稼げないということはありえないでしょう。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい方は下の記事をどうぞ

くわしくはこちら

 

複数のお金を稼げるスキルを掛け合わせて市場価値を上げる

ここからは最低限のスキルを身に付けてある程度稼げるようになったけどもっと稼ぎたい!という人に向けたものです。

 

結論から言うと複数のお金の稼げるスキルをかけ合わせれば結構簡単に自分の市場価値は上がりもっとお金を稼げるようになります

 

例えば、今コーディングしかできないという人がデザインができるようになれば素材をもらって0からLP(ランディングページ)制作をできるようになりますし、SEO(Google検索で検索上位に上げるテクニック)の知識を付ければよりクオリティの高いサイトやページを作れるようになる→もっと稼げるようになるというような感じです。

 

なのでもっとフリーランスエンジニアとしてもっと稼ぎたいという人は今の業務に付随するスキルを身に付けるところからはじめましょう。

 

じゃあ具体的にどんなスキルを身に付ければいいのという話しになるかと思いますが、現在Web制作をしているフリーランスエンジニアの方にはやはりWebデザインのスキルがオススメ。

 

というのも、Web制作の仕事に直結するので稼ぎやすいですし、何よりスキル修得までにかかる時間もお金も比較的少なく済みます。

 

興味がある人はとりあえずCodeCanpでいまなら無料体験できるので今のうちに体験しておくのが良いかと思います。

スポンサードリンク

仕事の取り方が下手で稼げないフリーランスエンジニアがやるべきこと

とにかく営業をする

身も蓋もないですがとにかく営業しましょう。

 

これは断言できますが、スキルはそこそこあるのに稼げないというフリーランスエンジニアは圧倒的に営業の量が不足しています

 

営業をしていない人に限って「自分が仕事を得られないのはスキルがないから」と思い込み次から次から新しいスキルを身に付けそれでも結局稼げないという悪循環に陥りがちです。

 

最低限のスキルを身につけたらクラウドソーシングでの提案や制作会社への営業メールなどとにかく営業をしましょう。

 

先述した通り今はエンジニアが不足しているのでそれだけで普通に稼ぐことができるかと思います。

 

営業しても仕事が取れない・営業したくないという人は仕事を取ってきてくれるサービスを利用する

先程「とにかく営業しましょう」と言っておいてアレなんですがフリーランスエンジニアが営業にリソースを奪われすぎて作業する時間がない…という状況に陥るのは絶対避けるべきです。

 

というのも営業自体では1円もお金が発生しませんので作業より営業を優先するべきではありません

 

なので営業にかなり時間を割いているのに仕事が取れない、営業したくないという人は仕事獲得を代行してくれるエージェント会社を利用するという方法もオススメです。

 

エージェント会社については下の記事で詳しく解説しているのでこちらをどうぞ

くわしくはこちら

と、こういった仕事を取ってきてくれるエージェントを紹介すると「いや、じゃあ営業なんてする必要ないじゃん」という人がいますがそんなことはありません。

 

というのも、自分で営業して仕事を取ってくれば単価交渉がしやすいからです。

 

営業に時間を割かないといけないけれど単価交渉しやすい(長期的に考えた時に稼ぎやすい)営業、営業する時間は節約できるけど単価交渉しづらい(短期的には稼ぎやすい)エージェント利用というようにどちらも一長一短ありますのでそこら辺をしっかり把握したうえで上手に使いましょう。

 

情報発信をすることでもっと仕事が受けやすくなる

 

仕事を受けやすくするためには情報発信が必要不可欠です。

 

ぼくがこのようにブログ運営しているのもTwitterをやっているのも仕事を受けやすくするという意味合いが強いです。

 

というのも、リモートで働こうとする場合は特にそうなのですがクライアントさんに信用してもらう必要性がありますからね。

 

もちろん情報発信というのはブログやTwitterを運営して多くの人にそれらを見てもらうだけではありません。

ポートフォリオを作って誰でも見れる状態にしておく、これも立派な情報発信です。

 

ちなみに、フリーランスエンジニアをやっている人でポートフォリオを作っていないという人はまずいないと思いますが万が一作っていないという人がいましたらそれだけで機会損失は計り知れないので今すぐ作りましょう。

 

ポートフォリオについて詳しくは下の記事で解説しているのでそちらをどうぞ

くわしくはこちら

 

まとめ:フリーランスエンジニアで稼げないなんてありえない

重ね重ねになりますが、フリーランスエンジニアをやっていて稼げないなんてことはありえません

これは断言できます。

 

身に着けるスキルは最低限度でいいし、営業もガチガチにできないといけないなんてことは決してなく営業メールさえ送れば仕事を受けることができますからかなり稼ぎやすい業界です。

 

「稼げないからフリーランスやめようかな」と迷っている人はもう一度自分のスキルを見つめなおしとりあえずエージェント会社に登録して仕事を紹介してもらえる環境を整えるところから始めましょう。

 

この2点さえしっかりできていれば数か月以内には普通に生きていく分のお金は普通に稼ぐことができるようになりますので頑張ってみてください。