お金を稼ぐ

【体験談】収入を安定させたいフリーランスは2つ以上の収入源を持て

フリーランスになってそこそこ稼げるようになったけどいつこの収入がなくなるかというのを考えたら怖すぎて夜も眠れない

フリーランスになりたいけど、家族がいるし収入が安定しないと困るから会社辞められない

 

というような収入を安定させたいフリーランスの方に向けた記事です。

 

結論から言うと収入源を2つ以上作ればフリーランスはそこら辺のサラリーマンよりも収入が安定します。

 

具体的にどういうことなのか、収入源を複数持つにはどうすればいいかというようなことを解説していきますね

スポンサードリンク

収入源を2つ以上持てばそこら辺のサラリーマンより収入が安定する

先述した通り、収入源を2つ以上作ればフリーランスはそこら辺のサラリーマンよりも収入が安定します。

 

というのも、確かにいつ仕事がなくなるかわからないフリーランスの世界ですが2つ以上の収入源が一度に消えるということは考えづらいです

 

ちなみにぼくはというとこういったブログ運営やそこから派生するライター業・投資・Web制作という3つの収入源があるので自分で言うのもなんですが収入はかなり安定してるといえるでしょう。

 

フリーランスで収入が安定してくると生活に余裕が出てきて、その上サラリーマンより時間があるのでプライベートが充実します。

こんな風にサッカーが見たいから次の日仕事しないなんて収入源がひとつしかなくて「明日仕事が無くなったら…」みたいな感じになっている人からしたら考えられないことかと思います。

 

というような幸福度を上げるという意味合いでもフリーランスは絶対に収入源を2つ以上確保すべきですね。

 

スポンサードリンク

新しくつくる収入源は今ある収入源と関連してるものがいいの?関連性のないものがいいの?

今ある収入源とは別に新しい収入源を作りたいとなったときに「新しい収入源は今やっている活動に関連するものがいいのか、全く関連性のないものがいいのか」という疑問にぶち当たると思います。

 

とはいえ、関連性があるものないものどちらにもメリット・デメリットがあり一概にこっち!とは言いづらいのが事実

 

ということでここでは関連性のあるもの・ないもののメリットとデメリットを詳しく解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

新しくつくる収入源が今ある収入源と関連してるもののメリット・デメリット

新しくつくる収入源が今ある収入源と関連しているものであることの最大のメリットは比較的低コストで早くスキル修得ができそのスキルを使ってお金を稼げるようになるまでのハードルが低いということです。

 

というのも、例えば今Webデザイナーをやっている人がWeb制作もできるようにとプログラミングのスキルを身に付けたとします。

その場合、Webデザイナーをやっていればそのデザインをコーディングする(形にする)人が身近にいたり、そういった仕事が自然と目に入ってきたりすると思いますので、どんなスキルを身に付ければいいかというようなゴールをイメージしやすくなりますし過不足なく必要なスキルを身に付けやすいです。

 

そうなるとやはり全くWeb制作に携わっていない人よりはかなりスキル修得が早くなるというのはなんとなくわかりますよね?そういうことです。

 

ただ、今ある収入源と関連のある領域で収入源を作ると不測の事態でどちらの収入源もダメになるというデメリットもあります(あまり考えたくはないですが…)

 

しかしその点に関しましては後で詳しく説明しますが、お金を稼げるレベルのスキルを複数個身に付けることで収入が安定するだけじゃなく、自分の市場価値が上がりお金が稼ぎやすくなります。

そうなると固まった時間も作りやすくなってきますのでその時間を利用してまた新しいスキルを身に付けて~という感じで少しずつお金を稼げるレベルのスキルを増やしていけば問題はないかと思います。

 

 

新しくつくる収入源が今ある収入源と関連していないもののメリット・デメリット

新しくつくる収入源が今ある収入源と関連していないものであることの最大のメリットは不測の事態が起こった場合でも収入が0になる心配がほぼないということです。

 

もちろん、関連しているものでも収入源が複数個あるというだけで収入がなくなるというリスクは一気に下がりますが関連していないものだとそのリスクはほぼなくなります。

 

ただ、やはりゼロから新しい領域のスキルを身に付けるとなるとそれなりの時間とお金がかかってしまうというデメリットはあります。

 

しかしその点ついてはもし「こういったことをしてお金を稼ぎたい」という明確な願望がないなら短期間・低コストでお金が稼げるレベルになれるスキルをしっかり選んで身に付けるという手もアリですね。

 

ちなみに、短期間・低コストでお金を稼げるスキルを身につけたいというのであればぼくはプログラミングスキルをオススメします。

 

詳しくは下の記事で解説しているのでそちらを読んでほしいのですが、プログラミングスキルはプログラミングスクールを利用したとしても15万円程度の投資でお金が稼げるスキルを3か月前後という短期間で習得でき、駆け出しでもすぐ稼げ2ヶ月も案件をこなせばスキル修得にかけたお金は余裕で回収できる位稼ぎやすいです。

くわしくはこちら

 

実際ぼくはプログラミングの学習を始めてまだ1年弱しか経っていないのですが、短時間で効率よくしかも場所を選ばずに稼げるので毎日4,5時間稼働してあとはダラダラサッカーを見るというような非常に幸福度の高い生活を送っています。

 

最後に:収入源を2つ以上作ると自分の市場価値も上がって一気に稼ぎやすくなる

先述しましたが、お金を稼げるスキルを複数個身に付けてそれらを掛け合わせれば自分の市場価値が一気に上がりかなりお金が稼ぎやすくなります。

 

例えば、先ほども例に出した今Webデザイナーをやっている人がプログラミングの勉強をすれば「コードをかけるWebデザイナー」になります。

 

そうなるとデザインから実際のコーディング(Webサイト作り)までを一人で完結させることができるという希少価値の高い存在になる=市場価値が上がる=お金が稼ぎやすくなる。

というような感じです。

 

どんなスキルを身に付けるとしても変わったものでなければお金がかかって100万円程度、時間がかかっても1年程度でお金を稼げるレベルのものが身につけられるはずです。

 

収入を安定させるというのももちろんですが、今よりも短時間で効率よく稼ぐためにも新しいスキルを身に付けて今と違うお金の稼ぎ方もできるようになりませんか?

 

・お金を稼ぎたいという方はこちらの記事もオススメです

くわしくはこちら

 

くわしくはこちら